40歳までにサラリーマンから解放されるための情報サイトです。転職を中心にお金から自由になる方法をまとめています。

実は仕事ができる人はサボり魔という特徴が?本当に仕事ができる人の共通点

実は仕事ができる人の特徴が知りたい
仕事ができる人になるにはどうすればいい?
実は仕事ができるなんて言われたい!

このような悩みを解決します。

普段はさえない人が、実は仕事ができる人だとびっくりしますよね。仕事が本当にできる人は、暇そうに見えるので無理ないですよ。

結論から言うと、本当に仕事ができる人には、サボり魔という特徴があります。

 

猫さん
な、なんでぇ?

 

ゆん
知りたいかい?知りたければ読むがいい!

 

最後まで読めば、実は仕事ができる人の特徴や仕事ができる人になるための方法がわかり、サボり魔こそ優秀な人材だとわかるでしょう。

転職は気楽にする時代です

  • めんどうな書類作成や面接日程調整は、転職エージェントに丸投げでOK
  • 料金は完全無料なので使い放題。
  • 社会人の2人に1人が転職しています。

 

ゆん
僕は2回転職して年収が100万円ほど上がりました。人間関係の悩みも解消されて、気楽に働けています!

 

本当に役立った転職エージェント

doda

特徴:利用者満足度が最高評価。求人と担当の質が良すぎる。キャリア相談が無料はヤバイ。

リクルートエージェント

特徴:転職実績NO.1。非公開求人10万件以上。使わない人いるの?

パソナキャリア

特徴:サポートの手厚さに定評あり。女性向け案件が多い。転職経験がない人におすすめ。

JAC Recruitment

特徴:高収入求人が多数。ハイクラス向け。担当者の質が非常に高くてビビった。

【共通点】実は仕事ができる人の特徴20個

早速、実は仕事ができる人の特徴をみていきましょう。

20個あるので、さらーっと流し読みでもOKです。

  1. 優先順位を考えて仕事に取り組む
  2. 物事を論理的に捉える
  3. 素直
  4. 相手を否定しない
  5. レスポンスが早い
  6. 挨拶は目を見てきちんとする
  7. 改善思考
  8. 仕事をプラスαで仕上げる
  9. 暇そうに見える
  10. 残業は適度にする
  11. プライベートが充実している
  12. 無理な仕事は断る
  13. 話がシンプルでわかりやすい
  14. 健康や身だしなみに気を使っている
  15. 後回しにしない
  16. 人のせいにしない
  17. ポジティブ
  18. オンオフがはっきりしている
  19. 「ありがとう」が多い
  20. 行動が早い

1.優先順位を考えて仕事に取り組む

実は仕事ができる人の特徴その1は、優先順位を考えて仕事に取り組むことです。

  • 急ぎの仕事
  • 急ぎではない仕事
  • 大事な仕事
  • 大事ではない仕事

上記のように分類して仕事に取り組んでいます。

やるべきことが明確なので、仕事が正確で完成度を高めることが可能です。

 

ゆん
何を最初にすべきなのか、よく考えよう

 

2.物事を論理的に捉える

実は仕事ができる人の特徴その2は、物事を論理的に捉えることです。

感情に流されず、論理的に判断して行動します。

論理的思考が身についているので、判断も早いことが多いです。

3.素直

実は仕事ができる人の特徴その3は、素直であることです。

できないことやわからないことは正直に白状します。

また、素直に教えを乞うこともできるので、周りからの信頼が厚く吸収力も段違いです。

仕事ができない人はプライドが高く、ミスや知らないことを隠す傾向にあります。

仕事ができる人は素直だから、仕事ができるようになったのでしょう。

4.相手を否定しない

実は仕事ができる人の特徴その4は、相手を否定しないことです。

職場には、普通に会話していても相手を否定する人がいますよね。

仕事ができる人は、否定しても相手を傷つけるだけで無益ということを知っています。

「そういう考え方もあるよね。だけどこういう考えはどうかな?」といった感じで、やんわりと提案するのが、実は仕事ができる人です。

5.レスポンスが早い

実は仕事ができる人の特徴その5は、レスポンスが早いことです。

すぐに反応することは、信頼につながるということをよくわかっています。

一方で、メールやチャットの返信が遅い人には無能しかいません。

なぜなら、相手の仕事を遅らせているという自覚がないからです。

無能と有能の違いについては、残業=無能とは限らない!残業の理由からみる有能と無能の違いをご覧ください。

 

ゆん
レスの速さは信頼に直結するよ

 

6.挨拶は目を見てきちんとする

実は仕事ができる人の特徴その6は、挨拶は目を見てきちんとすることです。

仕事ができる人に限って、挨拶や「ごめんなさい」「ありがとう」といった基本的なことができていますね。

特に挨拶は、相手の顔・目を見て丁寧にすることで好感度が爆上がりするので、仕事ができる人ほどきっちりしています。

些細なことに気が配れるから、実は仕事ができる人になれるのです。

7.改善思考

実は仕事ができる人の特徴その7は、改善思考を持ち合わせています。

常に仕事をより効率的にできないか、より高い完成度にできないか考えているのです。

改善思考ができる人は少ないので、必然的に希少な人材になります。

8.仕事をプラスαで仕上げる

実は仕事ができる人の特徴その8は、仕事をプラスαで仕上げることです。

プラスαとは、期待を上回ることをいいます。

求められた仕事のレベルを超えて、より高い完成度に仕上げるということです。

仕事ができない人は完成までやりきれないなかで、仕事ができる人は質にこだわります。

9.暇そうに見える

実は仕事ができる人の特徴その9は、暇そうに見えることです。

仕事ができる人は、やるべきことに集中しており、無駄がないので余裕がありそうにみえます。

デスクもきれいなので、わかりやすいですよ。

反対に、仕事ができない人は常に忙しそうで余裕が見られません。

できない人に限って、無駄な仕事に時間を割いて、勝手に忙しくしているのです。

 

ゆん
できる人ほど余裕がある。暇そうなのは余裕があるから。

 

10.残業は適度にする

実は仕事ができる人の特徴その10は、残業は適度にすることです。

残業を全くしない人もいますが、上司の期待を上回るために残業することもあります。

通常は、残業をしまくって残業代を稼ぐなんてせこいことはしません。

時間内に終わらせて、副業なりプライベートに時間を使います。

>>>【やめとけ】おすすめできない副業5選!副業しない方がいい人の特徴とは?

11.プライベートが充実している

実は仕事ができる人の特徴その11は、プライベートが充実していることです。

仕事ができる人ほど、プライベートにも打ち込んでいます。

プライベートが充実していないと、仕事に身が入らないことを知っているからです。

仕事ができない人ほど、無趣味で不摂生な生活を送りがちでしょう。

12.無理な仕事は断る

実は仕事ができる人の特徴その12は、無理な仕事は断ることです。

自分の仕事がどの程度でやれるのか、どのくらいの時間が必要なのか把握しているので、無理な仕事ははっきり断ります。

仕事ができない人ほど、無理に仕事を抱え込んでパンクしがちです。

はっきりと断るスキルは、仕事ができる人によく見られる特徴といえます。

13.話がシンプルでわかりやすい

実は仕事ができる人の特徴その13は、話がシンプルでわかりやすいことです。

結論から話し、誰でもわかるように話してくれるので、簡単に理解できます。

専門用語や英語は伝わらない人がいるかもしれないので、ほとんど使いません。

仕事ができない無能な人ほど、仕事ができる風を装って専門用語を連発します。

 

ゆん
ドラマや映画でよく見るよね。話が冗長で何が言いたいのかわからない人。

 

14.健康や身だしなみに気を使っている

実は仕事ができる人の特徴その14は、健康や身だしなみに気を使っていることです。

健康管理のために、筋トレやジョギングを習慣としています。

また、第一印象をよくするために髪形や肌のケアにもお金をかけている人がほとんどです。

健康管理ができていない肥満体系の人や、見た目が汚い人は信用できませんよね。

上司のせいでストレスを感じている方は、直属の上司と関わりたくない人へ!低ストレスでうまく付き合う方法をご活用ください。

15.後回しにしない

実は仕事ができる人の特徴その15は、後回しにしないことです。

メールやチャットなどのすぐにできることは、すぐに処理します。

後回しにしないから仕事もたまらないので、有能だと思われるのでしょう。

仕事ができない人ほど、「後でやる」といって何もしません。

 

ゆん
「後で」は危険だよ。後回しにする人ほど無能で仕事ができない。

 

16.人のせいにしない

実は仕事ができる人の特徴その16は、人のせいにしないことです。

ミスがあったら、自分が直接関わっていなくても反省します。

なぜなら、他人のせいにしたら自分が成長できないからです。

周りのせいにせず、常に内省的だからこそ、仕事ができる有能な人になれるのでしょう。

17.ポジティブ

実は仕事ができる人の特徴その17は、ポジティブでいることです。

いつみてもポジティブで楽しそうなので、周囲の人を和ませます。

例えば上司に怒られたとしても、「自分に期待してくれているんだ!」とポジティブに捉えて、より頑張るといった具合です。

仕事で嫌なことがあったり疲れたりしている人は、人生に疲れた時こそ成長のチャンス!僕が絶望から復活できた理由と対処法をご覧ください。

気持ちが少しは晴れます。

18.オンオフがはっきりしている

実は仕事ができる人の特徴その18は、オンオフがはっきりしていることです。

仕事とプライベートではっきり分けているので、どちらにも集中して取り組めます。

完全にスイッチを切り替えているわけではない点に注意しましょう。

プライベートでも仕事のことを多少は考えているので、すんなり休暇明けからパフォーマンスを発揮できるのです。

 

ゆん
完全に切り替えたほうがいいって人もいるよ

 

19.「ありがとう」が多い

実は仕事ができる人の特徴その19は、「ありがとう」が多いことです。

ペンを貸してもらったり、お茶を出してもらっただけでも感謝の意を伝えます。

ありがとうと言われて嫌な気はしませんよね。

それどころか、もっと良くしてあげたいとすら感じるでしょう。

人心掌握に長けているのが、仕事ができる人です。

20.行動が早い

実は仕事ができる人の特徴その20は、行動が早いことです。

フットワークが軽く、とりあえずやってみることから始めます。

その結果、悩んで何もしない人と大きな差を作っているのです。

【ここが違う】実は仕事ができる人と仕事ができない人の明確な3つの違い

ここでは、実は仕事ができる人と仕事ができない人は「ここが違う」という話をします。

仕事ができる人とできない人の明確な違いは3つです。

  1. 人に頼るのがうまい
  2. メモ魔
  3. 行動しながら考える

1.人に頼るのがうまい

実は仕事ができる人と仕事ができない人の違い1つ目は、人に頼るのがうまいことです。

仕事ができる人は、自分が得意な仕事と自分がすべき仕事しかしません。

苦手な仕事があったら、その仕事が得意な人に頼ります。

自分がやらなくてもいい仕事も人に頼りがちです。

もちろん、頼るだけでは押し付けることになるので、代わりに自分が得意な仕事をこなすというWin-Winな関係を築いています。

2.メモ魔

実は仕事ができる人と仕事ができない人の違い2つ目は、メモを取るか取らないかです。

仕事ができる人は、忘れないようにすぐメモをとります。

アイデアが浮かんだら忘れないようにすぐ書きますし、メモに書いて思考を整理したいときにも書き殴りがちです。

一方、仕事ができない人は頼まれた仕事を忘れていますし、どうやって進めればいいのかもわかっていません。

メモに書くということは、忘れないようにしたり仕事の進め方を整理するうえで大きなメリットがあります。

3.行動しながら考える

実は仕事ができる人と仕事ができない人の違い3つ目は、行動しながら考えていることです。

まずは行動してみて感触をチェックし、仕事の進め方や全体像を把握します。

あれこれ悩んでも意味がないことを知っているので、とりあえずやってみるという感じです。

一方で、仕事ができない人は悩むだけ悩んで終わります。

行動していないからなの情報も得られないのに、仕事の目的や進め方がわかるはずがありません。

実際に、スティーブジョブズやビルゲイツといった超成功者も、まずはやってみることが大事だとアドバイスしています。

行動しながら考えることで、時短と改善を同時に行っているのです。

【3つだけ】実は仕事ができる・本当に仕事ができる人になる方法

ここでは、実は仕事ができる人・本当に仕事ができる人になるための方法をご紹介します。

方法は以下の3つです。

  1. 仕事ができる人をまねる
  2. 「なぜ」思考を習慣にする
  3. 仕事の目的(ゴール)を意識して取り組む

1.仕事ができる人をまねる

実は仕事ができる人・本当に仕事ができる人になるための方法1つ目は、仕事ができる人のまねをすることです。

上司でも部下でも優秀なら誰でもいいので、普段からどんなふうに仕事をしているのか観察しましょう。

些細なことでもいいので、気づいたことがあったら試してみてください。

 

  • レスポンスを早くする
  • 優先順位をつけて取り組むなど

 

といったことがわかると思います。

仕事ができるようになると、成長を実感できて見える景色が変わるでしょう。

2.「なぜ」思考を習慣にする

実は仕事ができる人・本当に仕事ができる人になるための方法2つ目は、「なぜ」思考を習慣にすることです。

仕事を任されたときに「なぜこの仕事が重要なのか」「なぜこの期日で仕上げるようにいわれたのか」といったように、自問自答してください。

仕事ができる人は「なぜ」思考が習慣化しているので、任された仕事の本質をとらえて取り組んでいます。

本質をとらえているから、仕事が正確かつ迅速に進んで高評価をえているのです。

本質をとらえられるように、「なぜ」思考を習慣化しましょう。

3.仕事の目的(ゴール)を意識して取り組む

実は仕事ができる人・本当に仕事ができる人になるための方法3つ目は、仕事の目的(ゴール)を意識して取り組むことです。

「なぜ」を起点に仕事の全容がつかめれば、どんな風に仕事を片付ければ正解なのかイメージできるでしょう。

ゴールを意識すればどんな仕事でも細分化できるので、難しい仕事にも対処できるようになります。

上で紹介した「仕事の本質をとらえるための”なぜ”思考」は、目的(ゴール)を意識して仕事に取り組むことでも身に付きますよ。

実は仕事ができる人にはサボり魔という共通点がある

実は仕事ができる人には「サボり魔」という共通点があります。サボりというと、やるべきことをしないで怠けていると思いがちですが、そうではありません。

やるべきことを効率よくこなし、最小の努力で最大の結果を出しているということです。やらなくてもいいことは一切やらずに、優先順位や重要度が低い仕事はそこそこでこなすので、本当に重要な仕事だけに集中できます。

また、自分がしなければならないが、自分でやる必要がない仕事は上手に他人を頼りがちです。もちろん、仕事を一方的に押し付けているわけではありません。その仕事が得意な人に頼み、代わりに自分が得意な仕事を引き受けるなどして上手にこなしています。

最小の努力で最大の結果を出せるのは、このようなカラクリがあるからです。

優秀な人に限って暇そうに見えるのは、優秀な「サボり魔」だからということがお分かりいただけたでしょうか。

本当に仕事ができる人は常に先を見ている

実は仕事ができる人・本当に仕事ができる人はサボり魔であるという話をしました。

ここでいうサボり魔とは、仕事をさぼっているのではなく、効率よく合理的に働いているから余裕があるということです。

また、実は仕事ができる人の新たな特徴として、常に先を見ているという共通点もあります。

これは、今いる環境に満足せず、常に自分が有利になる環境を探しているということです。

会社の財政状況や社会のトレンドは刻一刻と変わります。

自分が常に有利な環境に居続けるために、転職という選択肢をもっているのです。

転職すれば年収は高確率であがりますし、新たなキャリアの第一歩にもなるでしょう。

転職活動する際は働きながら効率よく動くために、転職のプロ集団である転職エージェントの利用がおすすめです。

 

推薦状付きで応募できるので一次選考に通りやすく、非公開求人を紹介してくれるというメリットもあります。

 

面接の日時設定や面接対策、職務経歴書のチェックといった面倒なことをしてくれるので、スムーズに転職活動を終わらせたい人はぜひご利用ください。

 

ゆん
僕は2回転職して年収が100万円ほど上がりました。人間関係の悩みも解消されて、気楽に働けています!

 

行動はすぐにすべきです。

なぜなら、「後でいいか」と後回しにすると、一生やらないから。

やる気になった「今」を無駄にして、まだ苦しみ続けたいのですか?

ちなみに、求人は早い者勝ちですよ。

 

doda

特徴:利用者満足度が最高評価。優良求人が多数。本当に使いやすい。

リクルートエージェント

特徴:求人数業界NO.1。非公開求人がとにかく多い。迷わず登録すべきでしょう。

パソナキャリア

特徴:サポートの手厚さに定評あり。女性向け案件が多い。転職経験がない人におすすめ。

ビズリーチ

特徴:高収入求人が多数。ハイクラス向け。スカウト機能で楽に転職できる。

 

 

ゆん
転職エージェントとは相性問題があります。相性が悪いと転職活動がうまくいかないので、3社以上の利用がおすすめです。ちなみに料金は完全無料(ビズリーチは有料コースあり)ですよ。

 

転職活動の始め方や、内定をとるためのコツは以下の記事でまとめています。

上記4社以外に役立つ転職サービスも紹介しているので、登録済みの方は以下の記事をご活用ください。