40歳までにサラリーマンから解放されるための情報サイトです。転職を中心にお金から自由になる方法をまとめています。

残業が当たり前の会社はおかしいと断言します【将来性がありません】

残業が当たり前の会社は倒産するの?
残業が当たり前の雰囲気って普通なの?
残業が当たり前なんて嫌だ!定時で上がりたい!

このような悩みを解決します。

残業が当たり前の雰囲気だと定時で上がりにくいですよね。

その日の仕事は終わっていても、残業が風習化しているから帰れない人も多いのではないでしょうか。

結論、残業が当たり前の会社には将来性がないので、職場を変える選択肢を持ちましょう。

今回は、残業が当たり前になっている理由や定時で帰る方法をまとめました。

最後まで読めば、残業が当たり前の会社はおかしいことがわかり、あなたがとるべき行動がはっきりするでしょう。

本記事の内容は目次でご確認ください。

 

ゆん
それでは行きましょう!

 

残業が当たり前の会社がおかしい理由【将来性なし】

はじめに、残業が当たり前の会社がおかしい理由を解説します。

残業が当たり前の雰囲気だと「残業が普通」だと思ってしまうかもしれませんが、残業は当たり前ではありません。

残業が当たり前の会社に将来性がないといえる理由は以下の3つです。

  1. 健康経営に逆行している
  2. 社員の生活を考えていない
  3. 業務効率化をしようとしていない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.健康経営に逆行している

残業が当たり前の会社は、健康経営という新時代の流れに逆行しています。

健康経営とは、社員の健康があるから会社の業績がアップするという考え方が基盤です。

いわゆる、働き方改革というやつですね。

 

ゆん
天下のGoogleでも、健康経営は取り入れられています。

 

残業は社員の健康にとって有害です。

なぜなら、睡眠時間やプライベート(趣味や家族・友人との時間)を奪う行為だから。

健康経営に取り組まない企業は、時代に取り残されて倒産する運命にあります。

2.社員の生活を考えていない

残業が当たり前の会社は、社員にも生活があるということを無視しています。

上で解説した通り、社員の健康を考える「健康経営」に取り組んでいないということです。

  • 社員をコマのように扱う会社に尽くしたいと思いますか?
  • 手当や給与、育児休暇といった待遇がしっかり整備されていない会社に誠意を感じますか?

 

ゆん
社員を大切にしない会社に未来はありません。

 

3.業務効率化をしようとしていない

残業が当たり前の会社に共通していることは、業務の効率化をしようとしていないことです。

スマホやAIの普及により、あらゆる仕事が効率化できる時代になりました。

それでもいまだにFAXを使っていたり、メールで済む報告書を紙媒体で作成させたりしている企業はあります。

時代とともに成長しない企業は時代に潰されるだけです。

残業が当たり前の雰囲気なんて、高度成長期の働いた分だけ稼げた時代(50年前)の遺物でしょう。

 

ゆん
今は2021年です(執筆時)。いつまで過去の遺物にすがるのでしょうね。足枷でしかないのに。

 

もちろん、残業する人がすべて無能というわけではありません。

有能と無能な人の違いは、残業=無能とは限らない!残業の理由からみる有能と無能の違いで解説しています。

残業は当たり前じゃない!残業のデメリット

次に、残業することのデメリットを解説します。

残業が当たり前の会社は悪いところしかないですよ。

  1. 生産性が落ちる
  2. プライベートが犠牲になる
  3. 不健康になる

詳しく見ていきましょう。

1.生産性が落ちる

残業することで生産性が落ちます。

生産性が落ちる=効率的に作業できていないということです。

仕事が終わらないなら残業すればいいと思っている人は、周囲から見ても無能だと思われがちなので要注意ですね。

毎日、当たり前のように残業している人は周囲にいませんか?

おそらく、他の人に迷惑をかけまくっている無能で迷惑な人だと思います。

 

ゆん
残業代で稼ごうとするのも効率的じゃないです。スキルを活かして副業すれば、3倍は稼げるでしょうね。

 

  • 完全在宅残業より稼げる副業ブログです。
  • 低リスク気軽に始めたい人だけ以下の記事をご覧ください。
  • 誰でも初月に5万円(セルフバック)稼げます。

>>>WordPressブログの始め方を超わかりやすく解説【初心者が10分でできる】

2.プライベートが犠牲になる

残業は自分の時間を削る行為です。

プライベートを犠牲にしています。

プライベートが犠牲になるということは、幸せを捨てているとも言い換えられるでしょう。

家族との時間、友人との時間、自分の趣味の時間などです。

残業が当たり前の会社で働くことは、幸せから遠ざかる行為ではないでしょうか。

体調がおかしいと感じる人は、【実体験】仕事のストレスが限界な時の対処法と予防策【ヤバいサイン】をご覧ください。

残業のし過ぎで心身が悲鳴を上げているのかもしれません。

3.不健康になる

残業はストレスと疲労をもたらします。

適度かつ必要に応じてなら問題ないですが、残業が当たり前の職場環境では過労死に繋がるかもしれませんよ。

 

 

残業のおかげで痩せた人もいるようですが、喜ぶべきではありませんね。

なぜなら、残業によるストレスと疲労で体が悲鳴を上げているだけだから。

残業の影響は翌日に響き、作業の非効率化になります。

 

ゆん
なけなしの残業代と、死ぬまで付き合う自分の心身。どちらが大事でしょうね。

 

【定時】残業が当たり前の職場で定時帰宅する方法

ここでは、残業が当たり前の職場で定時帰宅する方法をご紹介します。

定時で帰りたいけど、残業が当たり前の空気のせいで帰れない人はお試しください。

  1. 残業が当たり前の雰囲気を無視する
  2. 業務を効率化する
  3. 残業より大事なものを作る

詳しく見ていきましょう。

1.残業が当たり前の雰囲気を無視する

残業が当たり前の雰囲気であっても、ガン無視して帰宅しましょう。

残業が当たり前の風習があると厳しいでしょうが、慣れるまでの問題にすぎません。

自分の仕事をきちんとこなしているなら、定時で帰ったところで問題にはできませんよね。

何も悪いことはしていませんし、定時帰宅は有能な人だからできることでもあります。

 

ゆん
会社での付き合いしかない同僚と、自分のプライベートや健康なら、どちらが大事でしょうか。

 

2.業務を効率化する

残業しないようにするためには、作業の効率化は避けて通れません。

明日からできる効率化の方法は以下の通りです。

  • 優先順位を決める
  • 重要な仕事は午前で終わらせる
  • なんでも仕事を引きうけない
  • 今日やらなくていい仕事は明日に回す

まずは上記4つから始めましょう。

スキルなしでできることから始めれば、段々と効率化することが苦ではなくなります。

 

ゆん
業務の効率化は有能な人のまねから始めましょう。聞いてもいいと思います。

 

3.残業より大事なものを作る

残業するより大事なものがあれば、残業が当たり前の雰囲気であっても定時で帰れます。

人それぞれ大事なものは違うので、自分にとって何が幸せなのか考えましょう。

子供や健康、趣味、ペットなどがよい例です。

残業するより大事なものがあれば、帰りづらい空気なんてどうでもよくなります。

 

ゆん
残業したくないけどせざるを得ない人は、本記事の最後で最終手段をお伝えします。

残業が当たり前の会社で働くメリットはあるのか

ここでは、残業が当たり前の会社で働き続けるメリットはあるのか考察しました。

結論、現状に不満が全くないなら続けてもよいでしょう。

  • 今の給料に満足してる人
  • 今の人間関係のままがいい人
  • 今の勤務地から変えたくない人
  • 今の残業が当たり前の環境に不満がない人

上記にすべて該当する人は、そのまま働き続けても問題ないと思われます。

一言でいえば、変化が怖い人ですね。

ただし、残業が当たり前の会社には将来性がないので、いきなり倒産するリスクは考えておくべきでしょう。

 

ゆん
自社の経営状況を把握しておけば、倒産する直前で逃げることができます。

 

給料に不満がある方は、基本給が上がらない会社は辞めるべき?続けるメリットと向いている人を解説をご覧ください。

終身雇用は崩壊しているので、自分の身は自分で守りましょうね。

【最終手段】残業したくないけどさせられる人は転職すべき

最後に、残業したくないけど、どうしても残業せざるを得ない職場にいる人にアドバイスさせてください。

残業が当たり前の職場で心身が疲弊しているなら、職場環境を変えるべきです。

なぜなら、会社はあなたのことを大事にしていないし、あなたの心身が壊れてしまっては人生が終わるから。

 

ゆん
僕はパワハラによる働きすぎで不安障害という精神疾患になりました。詳しくは、精神的理由で仕事を休みたい人へ【不安障害になった僕が伝えたいこと】でまとめています。

 

限界は突然来ます。

頭が正常なうちに転職活動を始めておけば、冷静な判断ができるので今より好待遇の企業に出会いやすいでしょう。

 

ゆん
僕は2回転職して年収が100万円ほど上がりました。人間関係の悩みも解消されて、気楽に働けています!

 

本当に役立った転職エージェント

doda

特徴:利用者満足度が最高評価。優良求人が多数。本当に使いやすい。

リクルートエージェント

特徴:求人数業界NO.1。非公開求人がとにかく多い。迷わず登録すべきでしょう。

パソナキャリア

特徴:サポートの手厚さに定評あり。女性向け案件が多い。転職経験がない人におすすめ。

JAC Recruitment

特徴:高収入求人が多数。ハイクラス向け。ハイクラスにふさわしく担当者の質が非常に高い。

 

ゆん
転職エージェントとは相性問題があります。相性が悪いと転職活動がうまくいかないので、3社以上の利用がおすすめです。

 

転職活動の始め方や、内定をとるためのコツは以下の記事でまとめています。

上記4社以外に役立つ転職サービスも紹介しているので、登録済みの方は以下の記事をご活用ください。