40歳までにサラリーマンから解放されるための情報サイトです。転職を中心にお金から自由になる方法をまとめています。
転職の同時進行は何社が最適?【デメリット・メリットから解説】

転職の同時進行は何社が最適?【デメリット・メリットから解説】

転職の同時進行は何社が最適?【デメリット・メリットから解説】

転職は同時進行した方がいいの?もしそうなら何社までがいい?
それとも1社ずつ進めていく方が内定は出やすい
仕事しながら転職活動するから、早く内定が取れる方法が知りたい

このような悩みを解決します。

転職は1社に絞って進める方がいいのか複数同時進行した方がいいのか悩みますよね。

結論から言うと、3社程度の複数同時進行がベストです。

1社ずつ受けるのは、メリットよりデメリットの方が大きいのでおすすめしません。

ゆん
僕は転職を2回経験しました。同時進行の方が効率良く進めるのでおすすめです。

本記事では、

  1. 1社ずつではなく複数同時進行すべき理由
  2. 同時進行は何社までにした方がいいのか
  3. 同時進行するときの注意点
  4. 1社ずつ受ける場合と、同時進行する場合のメリット・デメリット

などを解説していきます。

最後まで読めば、何社同時進行するのが最適かわかり、内定獲得まで最短ルートで転職活動を進められるでしょう。

スポンサーリンク

転職の同時進行は何社が最適?【同時進行すべき理由も解説】

はじめにお伝えした通り、転職の同時進行は3社程度がベストです。

理由は、以下の2つ。

  1. 3社程度にしないと準備ができない
  2. 1社ずつだと効率が悪すぎる

「3社程度」としたのは、人によってキャパシティーが違うからです。

転職は、一社受けるだけでも、

  1. 企業研究
  2. 履歴書・職務経歴書作成
  3. 面接対策
  4. 面接日程調整
  5. 面接

などをこなす必要があります。

同時に100社を受けても問題ないですが、さばききれなくて無駄な努力になるでしょう。

転職は3~5社までの範囲で同時進行することをおすすめします。

 

ここでいう同時進行とは、面接まで進んだ会社の数を指します。応募総数は6~10社が目安なので混同しないようにご注意ください。

 

応募は1社ずつではなく、同時進行すべき理由については、「効率が悪すぎるから」です。

マイナビ転職によると、応募社数平均は8.4社であることがわかっています。

 

mynavi oubosyasuu

出典:マイナビ転職

 

書類選考の通過率は、応募者全体で3~5割ほどというデータもあります。

マイナビエージェント調査によると、最終的に内定を獲得できる割合は4~5%とわかったので、1社ずつの応募はかなり効率が悪いのです。

最終面接で落ちたら、また1からやり直しですからね。

転職は同時進行で3社程度に抑えておけば、効率よく内定を獲得できます。

 

ゆん
転職は始めるタイミングも重要です。まだ行動していない方は、転職のタイミングが悪いのはいつ?【最適な時期と成功のコツも解説】をご覧ください。転職開始に最適な時期がわかります。

 

転職を同時進行するメリット・デメリット

この章では、転職を同時進行するメリットとデメリットを解説します。

客観的に分析して、転職活動の方針を決めましょう。

まずは、複数同時に受けるメリットからいきます。

メリット

転職を同時進行するメリットは以下の4つです。

  1. 効率的に進められる
  2. 他社と比較できる
  3. 経験を積める
  4. 落ち込まないで済む

1つずつ解説します。

1.効率的に進められる

転職を同時進行するメリット1つ目は、効率的に進められて、短期間で終了できることです。

同時進行なら、3か月程度で転職を終えられるでしょう。

理由は前章で解説した通りなので、ここでは詳しく話しません。

転職を短期間で終えたい方は、同時進行することをおすすめします。

スポンサーリンク

2.他社と比較できる

転職を同時進行するメリット2つ目は、他社と比較できることです。

ネット情報と、実際に応募して選考を受けた情報は全く違います。

肌で感じれば、他社との比較が正確にできるので、自分が本当に望んでいる企業に出会える可能性も高くなるでしょう。

 

ゆん
他社と比較できることは、入社後にも活きます。合法的にスパイしてるのと同じですからね。

 

3.経験を積める

転職を同時進行するメリット3つ目は、経験を積めることです。

具体的には、

  • 書類作成能力
  • スケジュール管理力
  • 面接対応力

といった能力を、転職を通じて高めることができます。

1社ずつ応募するより数倍早く、多く経験できる点も、同時進行のメリットです。

4.落ち込まないで済む

転職を同時進行するメリット4つ目は、落ち込まないで済むことです。

転職の内定獲得率は、4~5%程度なので、100人いたら95人は落ちます。

ほとんどが落ちることがわかっていても、「落選」という事実は辛いですよね。

複数同時に進めていれば、落ち込んでいる暇がないので、落ち込むことがありません。

 

ゆん
落ち込むのは暇があるから。不安を抱えやすい人こそ、複数同時に進めることをおすすめします

 

デメリット

次に、転職を同時進行するデメリットを3つ解説します。

  1. スケジュール調整が難しくなる
  2. 企業研究や面接対策が大変
  3. お金がかかる

それぞれ見ていきましょう。

1.スケジュール調整が難しくなる

転職を同時進行するデメリット1つ目は、スケジュール管理が難しくなることです。

A社・B社・C社の3社、面接に進んでいたとします。

面接は平日に行われることが多いので、予定がバッティングすることは簡単に想像できますよね。

仕事をしながら複数社同時に選考を受けている人は、スケジュール管理が特に難しくなります。

 

ゆん
働きながら効率よく転職したい方は、仕事しながら転職活動が辛いときの対処法3選!【働きながら転職するコツ】をご覧ください。

 

2.企業研究や面接対策が大変

転職を同時進行するデメリット2つ目は、企業研究や面接対策が大変になることです。

前章で、転職は一社受けるだけでも、

  1. 企業研究
  2. 履歴書・職務経歴書作成
  3. 面接対策
  4. 面接日程調整
  5. 面接

が必要という話をしました。

3社受けるなら、それぞれを3回分しなければなりません。

どれか1つでもサボれば「落選」に繋がるので、プレッシャーもあります。

早く内定が欲しいなら同時進行がベストですが、努力は必要です。

 

ゆん
自分のキャパシティーを考えて動きましょう。僕は働きながら転職したので、3社が限界でした。

 

3.お金がかかる

転職を同時進行するデメリット3つ目は、お金がかかることです。

転職活動といえば、

  1. 滞在費
  2. 交通費

の2項目がかかります。

都内から都内への転職なら問題ないでしょうが、都内⇔地方は結構お財布に痛いです。

受けた企業の分だけ費用が発生するので、貯金は多めにしておきましょう。

転職を1社ずつ進めるメリット・デメリット

前章では、転職を同時進行するメリット・デメリットをご紹介しました。

ここでは、転職を1社ずつ進めるメリットとデメリットを解説するので、両者を比較してみましょう。

メリット

まずは、転職を1社ずつ進めるメリットを3つご紹介します。

  1. 集中して対策できる
  2. スケジュール管理が楽
  3. 熱意が伝わる

1つずつ行きます。

1.集中して対策できる

転職を1社ずつ進めるメリット1つ目は、集中して対策できることです。

企業研究は念入りにできますし、書類作成や面接対策にも時間を使えます。

同時進行で進めるより、完成度が高い状態で選考に臨めるでしょう。

2.スケジュール管理が楽

転職を1社ずつ進めるメリット2つ目は、スケジュール管理が楽なことです。

他社の選考日程を意識しないで済むので、働きながらの転職活動でも難しくありません。

仕事に影響を出さず転職したい方は、1社ずつ受けるのもアリでしょう。

3.熱意が伝わる

転職を1社ずつ進めるメリット3つ目は、熱意が伝わることです。

企業は、応募者が何社か同時に選考を受けていると想定しています。

内定を出して断られる可能性まで考えているので、1社に絞っている人には内定を出しやすいのです。

熱意だけで採用されるわけではありませんが、1本に絞ることは勇気がある証拠でもあります。

 

ゆん
次に、転職を1社ずつ進めるデメリットを解説します。

 

デメリット

転職を1社ずつ進めるデメリットは以下の3つです。

  1. 短期間で終わらせることは難しい
  2. 他社との比較ができない
  3. 交渉材料が少ない

サクッと解説します。

1.短期間で終わらせることは難しい

転職を1社ずつ進めるデメリット1つ目は、短期間で転職を終わらせるのは難しいことです。

すでにお話しした通りなので、詳細は省きますね。

転職は、複数同時に進めた方が効率的に終えられます。

2.他社との比較ができない

転職を1社ずつ進めるデメリット2つ目は、他社との比較ができないことです。

1社ずつ受けるので、後になってから、「あの企業よかったんだ!」と気づくことはあります。

しかし、気づいてからでは遅いですよね。

それぞれの良いところ、悪いところを肌で感じることができるのは、同時進行の強みです。

3.交渉材料が少ない

転職を1社ずつ進めるデメリット3つ目は、交渉材料が少ないことです。

仮に内定が出て、給与や待遇の交渉が始まったとします。

他社から出された内定や、いい感じで進んでいる企業がないと、交渉材料ないので交渉できません。

1社ずつ受けているので、「少し待ってほしい」が通じるわけもなく、足元を見られた契約をする恐れがあります。

 

ゆん
交渉は転職エージェントがしますが、交渉材料がないと待遇改善は難しいでしょう。

 

転職を同時進行するときの注意点

ここでは、転職を同時進行するときの注意点を解説します。

実体験から「これは失敗だった」と思ったことをお伝えするので、参考にしてください。

  1. 転職先を妥協しない
  2. スケジュール管理を徹底する
  3. 準備を怠らない

1つずつ解説しますね。

1.転職先を妥協しない

転職を同時進行するときの注意点1つ目は、転職先を妥協しないことです。

簡単に内定が取れたとして、「ここでいいか」程度で決めるのはやめたほうが良いですよ。

なぜなら、満足できなくてもう一度転職活動する羽目になるから。

ここでいい」ではなく「ここがいい」と思えた企業に入社しましょう。

ゆん
僕は「もうここでいいんじゃないか」と思った企業に決めて失敗しました。1社内定が出ると油断するので注意してください。

2.スケジュール管理を徹底する

転職を同時進行するときの注意点2つ目は、スケジュール管理を徹底することです。

面接日程はもちろん、企業研究や書類作成に使う日数まで決めることをおすすめします。

なぜなら、転職活動はスケジュール通りに進められるとは限らないから。

何にどのくらいの時間を使うのか決めておけば、臨機応変に対応することができます。

面接本番が被ることだけは避けてくださいね。

3.準備を怠らない

転職を同時進行するときの注意点3つ目は、準備を怠らないことです。

  • 企業研究
  • 自己分析
  • 書類選考対策
  • 面接対策

に関しては、徹底的にすることをおすすめします。

なぜなら、転職に成功する人としない人の差は「準備をしたかどうか」で決まるから。

途中からめんどくさくなって雑になるかもしれませんが、負けないでくださいね。

>>>転職できない人の共通点は無能じゃない【準備不足なだけ】

同時に複数社から内定が出た時の対処法

この章では、同時に複数の企業から内定が出てしまった(嬉しい悲鳴)ときの対処法をご紹介します。

読み飛ばしOK です。

  1. すぐに決断できないなら待ってもらう
  2. 断りの連絡は「感謝」を忘れずに

複数社から内定がでたら、上記2つをこなしてから喜びましょう。

1.すぐに決断できないなら待ってもらう

1つ目は、すぐに決断できないときは待ってもらうことです。

正直に他の企業と迷っている事実を伝えましょう。

数日間は待ってもらえます。

一番やってはいけないことは、焦って決めることです。

「待たせちゃってる。早く決めなきゃ!」と思い、熟考しないで決めると後悔します。

企業研究や面接の雰囲気、メールなどのやり取りを思い出してください。

直感的に、こっちがいいと思った企業が、あなたに向いているはずです。

2.断りの連絡は「感謝」を忘れずに

2つ目は、断る企業には「感謝」を伝えることです。

企業は、あなたのために時間とコストをかけてくれました。

1人の社会人として、お礼を伝えましょう。

できれば電話の方が良いです。

どこかで再会するかもしれないので、無下にするのだけはしないでくださいね。

まとめ:転職を効率的に進めたいなら転職エージェントを利用しよう

最後にまとめます。

転職の同時進行は3社程度がベストです。

理由は、以下の2つでしたね。

  1. 3社程度にしないと準備ができない
  2. 1社ずつだと効率が悪すぎる

応募総数は6~10社が目安で、そのうち3~5社が面接まで行ければ十分です。

また、転職を同時進行するメリットは以下の4つでした。

  1. 効率的に進められる
  2. 他社と比較できる
  3. 経験を積める
  4. 落ち込まないで済む

同時進行のデメリットは以下の3つ。

  1. スケジュール調整が難しくなる
  2. 企業研究や面接対策が大変
  3. お金がかかる

全員が全員、同時進行で進めなければならないわけではありません。

メリット・デメリットを把握し、自分に合った方法で転職活動を進めましょう。

ゆん
同時進行するなら、転職エージェントを積極的に利用しましょう。スケジュール管理や面接対策をしてくれます。

転職活動が楽になるおすすめの転職エージェントは、以下の記事でまとめています。

年齢別でまとめてあるので、ぜひご活用ください!

スポンサーリンク