40歳までにサラリーマンから解放されるための情報サイトです。転職を中心にお金から自由になる方法をまとめています。
転職がすぐ決まる人の特徴10選【あっさり決まる】

転職がすぐ決まる人の特徴10選【あっさり決まる】

転職がすぐ決まる人の特徴10選【あっさり決まる】

転職がすぐ決まる人の特徴って何ですか?
転職先があっさり決まるのはどんな人?特徴をまねして内定が欲しい。
内定が取れる人と取れない人の違いをりたいです!

このような悩みを解決します。

  1. 転職がすぐ決まる人の特徴
  2. 転職がすぐ決まる人の割合
  3. 転職がなかなか決まらない理由
  4. 転職を成功させるためのコツ

【転職教室】管理人の経歴

  1. 医療法人(人事部)→パワハラ受けて転職
  2. 学校法人→なんか合わなくて2度目の転職
  3. 人材系法人→のびのび正社員

 

ゆん
当サイトの記事は、2度の転職経験と元人事部の目線で執筆しています。

 

転職先がなかなか決まらないと不安ですよね。

軽い気持ちで転職活動を始めたはいいものの、まったく内定が出なくて焦っている方もいるのではないでしょうか。

ゆん
僕は2回の転職歴がありますが、いずれも1か月以内に内定をもらえたので、やり方がよかったのだと思います。

 

そこで今回は、転職がすぐ決まる人の特徴を10個紹介します。

本記事を読めば、転職があっさりできる人となかなか決まらない人の違いがわかり、転職活動の成功率を高められるでしょう。

スポンサーリンク

転職がすぐ決まる人の特徴10選【あっさり決まる】

ここでは、転職先がすぐ決まる人の特徴を10個ご紹介します。

なかなかうまくいかない人は、何が自分と違うのか参考にしてください。

転職がすぐ決まる人の特徴

  1. 余裕があり、転職活動を楽しんでいる
  2. 自分と企業の相性の良さをアピールできる
  3. 応募先が理解しやすいスキルや実績がある
  4. 自己分析を常にしている
  5. 人脈形成がうまい
  6. 転職理由に軸がある
  7. ネガティブなことをポジティブに考える
  8. 質問の意図を正しく理解している
  9. 長く勤めてくれそうと思わせる
  10. 逆質問の質が高い

1つずつ見ていきましょう。

1.余裕があり、転職活動を楽しんでいる

転職がすぐ決まる人は、余裕があって転職活動そのものを楽しむという特徴があります。

筆者は人事部の採用担当として面接官経験もありますが、余裕がある人は話し方や態度、雰囲気が落ち着いていて好印象を抱いていました。

また、「自分の次のキャリアはどこになるのか楽しみ」ということもいっており、転職活動そのものを楽しむ傾向もあります。

余裕がある人は採用から見ても魅力的に映るので、「他社にとられるくらいならウチが!」という流れでポンポン内定を勝ち取り、転職があっさりきまるのです。

2.自分と企業の相性の良さをアピールできる

転職がすぐ決まる人は、自分と企業の相性の良さをアピールできるという特徴があります。

なぜなら、自分の強みが企業に対してどのように貢献できるのかアピールすることが内定の近道だから。

ゆん
筆者の経験上ですが、「自分の強みは何ですか?」という質問をされないと、自分からアピールしない人が多いです。

 

しかし、それでは内定を出そうとは思いません。

なぜなら、採用側にとって、応募者を採用するメリットがわからないから。

自分と企業の相性の良さをアピールし、どのように貢献できるのか伝えられれば、転職がすぐ決まるでしょう。

3.応募先が理解しやすいスキルや実績がある

転職がすぐ決まる人は、応募先企業が理解しやすいスキルや実績を持っているという特徴があります。

派手にアピールしなくても伝わるようなスキルや実績があれば、それだけで採用側は判断できるためです。

学校のペーパーテストの得意教科を聞かれたとき、模試の結果があれば相手にわかりやすく伝えられますよね。

反対に、証明できるモノや実績がなければ、口頭でアピールできるものの信頼性に欠けます。

転職がすぐ決まる人は、応募先がすぐに理解できるようなスキルや実績を持っているという特徴があります。

20代の方は、転職したいけどスキルがない20代が採用されるためにしたことも参考にどうぞ。

スポンサーリンク

4.自己分析を常にしている

転職がすぐ決まる人は、自己分析を常にしているという特徴があります。

なぜなら、自分の強みや弱み、性格などを把握しておかないと、応募先企業の選定どころか向いている業務がわからないから。

内向的な面を持ち合わせることで自分を分析し、分析した結果を転職活動に活かしています。

転職があっさり決まる人は、内向的な面を持ちつつ、他人を向き合う外向的な面も持ち合わせているのです。

5.人脈形成がうまい

転職がすぐ決まる人は、普段から人脈を形成しています。

なぜなら、人脈を広げておけば転職する際に声をかけてもらえるから。

通常業務で他社の人と会う時も、その場限りのつながりにしようとせず、何かあったときのために「知人」になります。

そうしておけば、いざというときに人脈を活かして対応できるためです。

人脈繋がりで転職することもできるので、転職がすぐ決まる人は、人とのつながりを普段から作っています。

6.転職理由に軸がある

転職がすぐ決まる人には、転職理由に筋が通っていて、明確な軸を持っているという特徴があります。

なぜなら、自分にとって譲れないものを決めておけば、転職先に求めるものが明確になるから。

転職先に求めるものが決まっていれば、面接の受け答えもスムーズになり、信頼性が増すので内定をもらいやすくなります。

また、応募先企業の選定に時間を使う必要もなくなるので、転職があっさり決まるのです。

ゆん
転職先に求めることや自分が譲れないものは決めておきましょう。

 

7.ネガティブなことをポジティブに考える

転職がすぐ決まる人は、ネガティブなことでもポジティブに考える特徴があります。

なぜなら、モノの見方を変えるだけで、経験や感想は180度変わることを知っているから。

例えば、1年目の新人が、資料のフォントサイズを誤って大きく作ったとします。

上司に「これじゃ大きすぎるから作り直し!」といわれたら、普通は落ち込みますよね。

しかし、「フォントサイズは資料作成において重要ということがわかっただけ」というように、ポジティブに考えられれば、次回からは大きくすべきか小さくすべきかという思考が生まれます。

一見失敗にみえることであっても、ポジティブに考える能力がある人は、転職がすぐ決まりやすいです。

8.質問の意図を正しく理解している

転職がすぐ決まる人は、質問の意図を正しく理解して、返事をします。

筆者の経験上、面接官の質問を正しく理解できない人は多いです。

例えば、「弊社に求めるものは何ですか?」と質問されたとしますね。

良い例と悪い例は以下の通りです。

  • 良い例:円滑なコミュニケーションです。私はチームプレーを重視しているので、コミュニケーションが取れれば仕事で成果を上げやすくなります。
  • 悪い例:そこそこの給料と休みです。プライベートを重視しているためです。

「求めるもの」と聞かれているので、悪い例の回答をしたくなる気持ちはわかります。

しかし、面接官が本当に知りたいことは、「弊社は何を提供して、あなたは代わりにどんな貢献ができるのか」ということです。

当たり前だと思った人もいるでしょうが、質問の意図や背景を理解したうえで回答できる人は、転職があっさり決まります。

ゆん
質問の意図を理解するためには、練習が必要です。模擬面接を転職エージェントとしましょう。

 

9.長く勤めてくれそうと思わせる

転職がすぐ決まる人は、長く勤めてくれそうだと面接官に思わせます。

なぜなら、採用側にとっては長く勤めてくれる社員が欲しいから。

採用コストは一人当たり100万円~かかっているので、無駄なコストを削減したいという要望を満たしているんですね。

ちょっとしたテクニックですが、「今回は同じ企業で長く勤めたい」といったセリフを挟めば、採用される確率は高まります。

10.逆質問の質が高い

転職がすぐ決まる人は、逆質問の質が高いです。

逆質問が鋭いと、面接官は応募者の評価を上げます。

なぜなら、鋭い質問ができるということは、面接の流れや質問の意図を正しく理解していないとできないから。

企業への理解度が高い人はまれなので、転職がすぐ決まる傾向にあります。

転職がすぐ決まらない!あっさり決まらない3つの理由

ここでは、転職先がすぐ決まらない理由を3つにピックアップして解説します。

転職が決まらない理由

  1. 自己分析(市場価値の把握)ができていない
  2. 未経験職ばかり応募する
  3. 書類選考・面接対策ができていない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.自己分析(市場価値の把握)ができていない

転職先が決まらない人がやりがちな失敗の1つ目は、自己分析(市場価値の把握)ができていないことです。

自分の長所や短所、スキルなどをスラスラいえますか?

自分がどんな人間で何ができるのか伝えられないと、内定獲得は厳しいです。

自己分析は転職活動における「準備運動」なので、さぼらず取り組んでくださいね。

また、転職市場における自分の価値を把握できていますか?

自分にどのくらいの価値があるのか知らないと、相場より安い年収で契約する羽目になるかもしれません。

ゆん
ざっと自分の価値を知りたい方は、ミイダスをご活用ください。

 

無料登録すれば、自分の本来の年収がどの程度かわかります。

2.未経験職ばかり応募している

転職先が決まらない人がやりがちな失敗の2つ目は、未経験職ばかり応募していることです。

未経験職への転職は、20代であっても厳しいかもしれません。

なぜなら、将来性を買われて採用されるのが「未経験職」だから。

ポテンシャルで採用されるということは、能力が低い人は落とされるということですよね。

未経験職の求人は条件が良くてあこがれるでしょうが、身の丈に合った求人に応募することが内定への近道かもしれませんね。

3.書類選考・面接対策ができていない

転職先が決まらない人がやりがちな失敗の3つ目は、書類選考・面接対策ができていないことです。

書類選考は「とりあえず出せばいいか」程度で応募していいものではありません。

企業研究・自己分析を徹底したうえで自分をアピールしなければならない「関門」の1つです。

面接に関しては、想定問題を立てて受け答えの練習をし、表情や仕草まで意識した方がよいでしょう。

ちなみに、履歴書が手書きは時代遅れの証拠【くだらない慣習の企業は終わる】でまとめていますが、履歴書が紙指定の企業は避けた方が良いです。

応募は慎重にしましょう。

ゆん
書類選考(一次選考)でよく落とされる方は、職務経歴書のテンプレートを利用しましょう。

 

リクナビNEXTには転職サイトで唯一、履歴書と職務経歴書を無料で作成できるツールがあります。

テンプレート通りに入力するだけで、内定者が作るような素晴らしい職務経歴書を作成できますよ!

書類選考(一次選考)でよく落とされる方は、ぜひご利用ください。

利用には会員登録(無料)が必要ですが、3分でできます。

転職がすぐ決まる人の割合は40.3%

ここでは、転職がすぐ決まる人の割合を確認します。

転職活動の開始から3か月未満で内定の獲得・入社までした人を、「転職がすぐ決まる人」と定義しますね。

結論から行きます。

ビズリーチの調査結果によると、転職が3か月未満で決まる人は40.3%だとわかりました。

3か月~半年未満で転職した人は32.9%なので、半年以内に決まるの割合は約73%ですね。

 

bizreach

出典:BIZREACH公式サイト

 

同時に、以下のような記述もありました。

年代別で見ると、年齢が高い方が、転職までに時間がかかることが多いようです。

「1カ月~3カ月未満」と回答した20代は46.2%だったのに対し、50代では27.7%にとどまりました。

出典:https://www.bizreach.jp/column/length/

 

若ければ若いほど転職しやすく、年を取るにつれて転職しづらいということです。

転職が3か月未満で決まる人は40.3%といっても、年代によって転職のしやすさは全く違います。

転職先が決まらない」という結果は同じであっても、「決まらない理由が同じではない」ことは頭に入れておいた方がよいでしょう。

ゆん
転職活動が半年以上終わらない方は、転職が半年以上決まらないのはヤバイ!【採用される人の特徴とは?】を参考にしてください。

 

転職がすぐ決まる人は転職エージェントの使い方もうまい

転職がすぐ決まる人の特徴には、転職エージェントの使い方がうまいこともあげられます。

転職がうまくいかない人は、転職エージェントの使い方が間違っている可能性が高いです。

本章では、転職エージェントのメリットを再確認しましょう。

転職エージェントのメリット7つ

  1. 料金が完全無料
  2. 希望を伝えるだけで求人を勝手に探してくれる
  3. 非公開求人の紹介がある
  4. 推薦状を送ってくれるので書類選考(一次選考)に通りやすくなる
  5. 転職のプロが相談にいつでも乗ってくれる
  6. 応募から面接日程調整まで手続してくれる
  7. 給与交渉もしてもらえる

転職がすぐ決まる人は、

  • スケジュール管理
  • 書類チェック
  • 職場の情報収集

など、面倒な部分を転職エージェントに任せる傾向にあります。

浮いた時間で自己分析や面接対策をするので、あっさり内定が取れるのです。

ゆん
転職エージェントとは相性問題もあるので、合わないと思ったらすぐに切り変えましょう。

 

転職がうまくいかない人は、転職エージェントの使い方や、登録しているエージェントを見直した方がよいかもしれませんね。

今回は以上です。

 

スポンサーリンク