40歳までにサラリーマンから解放されるための情報サイトです。転職を中心にお金から自由になる方法をまとめています。

皆が納得する退職理由3選!【円満退職のコツは伝え方と根回し】

退職理由でおすすめはある?
円満退職できるような、皆が納得する退職理由が知りたい
円満退職のコツや注意点も教えて!

このような悩みを解決します。

退職するなら、皆から応援されたいですよね。

今回は、円満退職するための「皆が納得する退職理由」を3つご紹介します。

最後まで読めば、あと腐れなく退職できて、気持ち良く次のステージに進めるでしょう。

本記事の内容は、以下の目次でご確認ください。

それではいきましょう!

皆が納得する退職理由3選!【確実に退職できる】

ここでは、皆が納得する退職理由を3つご紹介します。

3つでは少ないと思ったかもしれませんが、「本当にみんなが納得する退職理由」はそう多くないからです。

 

ゆん
嘘の退職理由でもいいから、もっとたくさん教えてほしい!」という方は、【嘘の退職理由】おすすめ14選!上司があっさり信じた伝え方のコツを紹介をご覧ください。

 

話を戻しますが、皆が納得する退職理由の共通点は、「ポジティブ」な理由であることです。

自分の人生を真剣に考えたことが伝われば、確実に退職することができるでしょう。

  • 皆が納得する退職理由1:キャリアアップしたいから
  • 皆が納得する退職理由2:やりたいことが決まったから
  • 皆が納得する退職理由3:家族との時間を大切にしたいから

それではいきましょう。

皆が納得する退職理由1:キャリアアップしたいから

 

皆が納得する退職理由の1つ目は、「キャリアアップしたいから」です。

自分のキャリアのために次のステージへ行きたいと伝えましょう。

向上心があると思われるので、引きとめられにくいのが強みです。

引き止められるケースもありますが、丁寧にお断りすれば失礼ではありませんよ。

真剣に悩んだ結果、別の会社へ行ってスキルを磨きたいことを伝えましょう。

「今の会社ではダメだから」とは微塵も思っていないアピールも忘れずに。

皆が納得する退職理由2:やりたいことが決まったから

 

皆が納得する退職理由の2つ目は、「やりたいことが決まったから」です。

具体的にやりたいことを話す必要はありません。

「夢を叶えたい」「ずっとやりたかったことがある」といった、あいまいな表現でOKです。

他人が頑張ろうとしているところを、積極的に邪魔する人はそうそういませんよ。

邪魔したら自分が白い目で見られますから。

皆が納得する退職理由3:家族との時間を大切にしたいから

皆が納得する退職理由の3つ目は、「家族との時間を大切にしたいから」です。

仕事を頑張りすぎて家族と向き合える時間が減っている人におすすめの退職理由ですね。

家族が大切じゃない人はあまりいないはずなので、共感を得やすいのが強みです

未婚の場合は、「両親に親孝行したい」など、家族が大事である旨を伝えましょう。

 

 

 

ゆん
家族を大切にする人は周囲からの評価が高い傾向にありますよ

 

 

嘘の退職理由でもいいから、もっとたくさん知りたい!」という方は、【嘘の退職理由】おすすめ14選!上司があっさり信じた伝え方のコツを紹介をご覧ください。

皆が納得する退職理由を伝えるときのコツ

次に、皆が納得する退職理由を伝えるときのコツを3つご紹介します。

  1. 退職の意志を曲げない
  2. 会社への不満を言わない
  3. ポジティブな理由で退職したいと強調する

伝えるときのポイントは上記の3つですが、もう一点重要なことがあります。

それは、円満退社のコツは別にあるということです。もったいぶらずに、円町のコツもお伝えしておきますね。

株式会社ビズヒッツによると、円満退社するためのコツは「早めに伝えること」だとわかりました。

転職経験のある500人に「円満退社」のコツを聞いたところ、1位は「早めに伝えること」という結果になりました。ちなみに「円満退職ができた」と答えた人の割合は約7割にのぼりました。

出典:「円満退職」実現するコツ…「納得できる退職理由を用意」「日頃の人間関係」を超えた1位は?

Tips for a peaceful retirement

出典:「円満退職」実現するコツ…「納得できる退職理由を用意」「日頃の人間関係」を超えた1位は?

早めに退職の意志を伝えつつ、以下の3つ活用することをおすすめします。

  1. 退職の意志を曲げない
  2. 会社への不満を言わない
  3. ポジティブな理由で退職したいと強調する

1.退職の意志を曲げない

皆が納得する退職理由を伝えるときのコツ1つ目は、退職の意志を曲げないことです。

引きとめられるとうれしいですが、退職したいという気持ちは変わらないことを強調しましょう。

待遇を良くして引きとめようとするケースもありますが、口先だけの約束で何も変わらないこともあります。

どんなに甘い言葉をささやかれても、退職の意志が固いことを伝えてください。

 

ゆん
それだけ本気なのだと、熱意が伝わればOKです。

 

2.会社への不満を言わない

皆が納得する退職理由を伝えるときのコツ2つ目は、会社への不満を言わないことです。

会社に不満があることを伝えると、周囲にネガティブな印象を与えてしまいます。

不満がないケースなんてほとんどないでしょうが、言葉には出さないことがポイントです。

会社に不満はなかったけど、自分のために退職したいということを伝えましょう。

 

 

3.ポジティブな理由で退職したいと強調する

 

皆が納得する退職理由を伝えるときのコツ3つ目は、「ポジティブな理由で退職したいことを強調する」ことです。

「キャリアアップしたい」「やりたいことがある」といった、前向きな理由で退職しようとしている人は引きとめにくいですよね。

「仕事が嫌」「人間関係が無理」「給料安い」などのネガティブな理由だと、応援したいと思えないでしょう。

円満退職するなら、周囲から応援されるような退職理由を選ぶべきです。

給料が問題で退職したい人は、基本給が上がらない会社は辞めるべき?続けるメリットと向いている人を解説をご覧ください。

本当に退職することが正解なのかわかります。

円満退職のポイントは「根回し」

円満退職には、「退職理由」と「伝え方のコツ」が必要であるという話をしました。

ダメ押しとして、周囲への「根回し」も円満退職のポイントになります。

やることは簡単ですよ。

上司に伝える前に、ポジティブな理由で退職することを同僚に話す(根回しする)だけです。
周囲に根回しして味方しかいない状況を作っておけば、円満退職しやすくなります。
上司との関係が悪く、退職拒否される恐れがある人は、必ず根回ししてから上司に報告してください。

上司が拒否すれば部下からの信頼を失うことになるので、簡単に突っぱねることはしないでしょう。

根回しは手間がかかりますが、確実に円満退職したい人はご活用ください。

 

ゆん
上司と仲が良くて退職を引き止められたら、出世のチャンスかもしれません。話を聞いてあげるのもアリですよ。

 

>>>退職を引き止められたら出世のチャンス?!後悔しないためにすべきこと

円満退職のために「嘘」をつくのもアリ

すでにお話しした通り、円満退職のために「嘘」をつくことも有効です。

まじめな方は本当の退職理由を話しがちですが、本当の退職理由を会社に話さなければならないという法律はありません。

 

 

  • 「結婚する」
  • 「親の介護」
  • 「体調が悪いから」

 

などは、よく使われる嘘の退職理由です。

本人が悪いわけではないので強く出れない退職理由は、たいてい嘘ですよ。

もちろん、本当のケースもありますけどね。

大事なのは、「確実に退職する・円満退職する」という、あなたの目的を達成することです。
皆が納得する退職理由では退職できそうもない人は、【嘘の退職理由】おすすめ14選!上司があっさり信じた伝え方のコツを紹介でまとめた嘘の退職理由をどうぞ。

【NG】退職理由を伝えるときの注意点

ここでは、退職理由を伝えるときの注意点をご紹介します。

  1. 会社への不満を言う
  2. 上司より先に取引相手に退職・転職の話をする
  3. 繁忙期に退職を伝える

上の3つには気を付けてくださいね。

それでは詳しく見ていきましょう。

1.会社への不満を言う

会社への不満をいうことは、NGです。

あなたのことを良く思っていない人が、退職を妨害してくるかもしれません。

不満があっても口に出さない、あくまでもポジティブな退職理由だけを話すようにすれば、退職後も良い関係を築けます。

上司や同僚にマイナスイメージを与えることは避けましょう。

 

ゆん
不満があっても言葉はしないこと。大人の対応をしましょう。

 

2.上司より先に取引相手に退職・転職の話をする

上司より先に、取引相手に退職・転職の話をしてはいけません。

上司より先に転職先に知らせてしまうと、会社そのものの信用が低下します。

ビジネスは信頼関係で成り立っているので、会社に大損害を与えて懲戒解雇になるかもしれません。

そうなると、職務経歴書に傷がつくので転職が不利になります。

悪いことしかないので、正式な手順を踏んで取引相手に報告しましょう。

 

ゆん
上司に話した後なら「退職することになったので、担当はこちらの○○になります」というのは問題ないです。

 

3.繁忙期に退職を伝える

繁忙期に退職を伝えることは、非常に迷惑なので注意してください。

周囲への迷惑ですし、残された側はいい気がしません。

後回しにされて退職相談ができないこともありえるので、時機を見て相談すべきです。

退職の相談は、良いタイミングで行うようにしましょう。

 

ゆん
自己中な人と思われながら退職したくないですよね。タイミングは大事です。

 

退職が怖くて言い出せないひとは、【実体験】怖い!退職を言い出せなかった僕があっさり辞められた理由をご覧ください。

退職をスムーズに伝えるためのポイントをまとめました。

上司に退職を引き止められた時の対処法

ここでは、上司に退職を引き止められた場合の対処法をご紹介します。

嘘でもいいのでご活用ください。

  1. すでに内定が出ていることを伝える
  2. 絶対に退職の意志を変えない
  3. 甘い言葉に騙されない

詳しく見ていきましょう。

1.すでに内定が出ていることを伝える

退職を上司に引き止められたら、すでに内定が出ていることを伝えましょう。

内定獲得の大切さを上司は知っているので、これだけで引き下がるはずです。

内定辞退させてまで引きとめてくる場合は、あなたの人生を考えていないクソ上司の可能性が高いので無視しましょう。

 

ゆん
ほとんどのケースは、内定が出ていると伝えれば解決しますよ。

 

2.絶対に退職の意志を変えない

上司に引き止められても、退職の意志は絶対に変えないでください。

少しでも交渉の余地があると判断されれば、付け込まれて退職できなくなるかもしれません。

退職の意志が固く、引き止めは無理だと思わせるのが目的です。

3.甘い言葉に騙されない

甘い言葉に騙されて、退職引き止めを受け入れないようにしましょう。

「給料を上げる」「昇格させる」といった甘い言葉を信じないでください。

本当に待遇が良くなるとは限りませんし、次に進もうとしているあなたの背中を押してくれる人が本当の味方です。

甘い言葉は詐欺師の常とう手段だと思って、お断りしてくださいね。

>>>退職を引き止められたら出世のチャンス?!後悔しないためにすべきこと

ゆん
待遇をよくするといって引きとめてくるのは常とう手段。改善されないケースが多いから期待しないで。

 

最後に:確実に退職したい人におすすめのサービス

ここでは、確実に退職したい人におすすめのサービスをご紹介します。

1人で退職手続きをすることが難しい場合は、サービスを活用すれば簡単に退職できますよ。

退職をサポートしてくれるサービスは2つあります。

  • 転職エージェント
  • 退職代行サービス

それぞれ詳しく解説しますね。

転職エージェント

転職エージェントとは、転職に特化したプロ集団のことです。

これまで何万・何十万人の転職相談を受けているので、退職に関する手続きや悩み相談にも乗ってくれますよ。

転職エージェントは、退職だけでなく次の職場まで探して紹介してくれるので、早めに登録することをおすすめします。

次で紹介する退職代行は3万円~5万円かかりますが、転職エージェントは完全無料です。

 

ゆん
僕は2回転職して年収が100万円ほど上がりました。人間関係の悩みも解消されて、気楽に働けています!

 

行動はすぐにすべきです。

なぜなら、「後でいいか」と後回しにすると、一生やらないから。

やる気になった「今」を無駄にして、まだ苦しみ続けたいのですか?

ちなみに、求人は早い者勝ちですよ。

 

本当に役立った転職エージェント

doda

特徴:利用者満足度が最高評価。優良求人が多数。本当に使いやすい。

リクルートエージェント

特徴:求人数業界NO.1。非公開求人がとにかく多い。迷わず登録すべきでしょう。

パソナキャリア

特徴:サポートの手厚さに定評あり。女性向け案件が多い。転職経験がない人におすすめ。

JAC Recruitment

特徴:高収入求人が多数。ハイクラス向け。ハイクラスにふさわしく担当者の質が非常に高い。

担当者との相性によっては、うまく退職・転職できないケースも多く見られます。

そのような事態をさけるために、最低でも2つの転職エージェントの利用が無難ですよ。

 

ゆん
退職・転職に成功した人は、3社を利用していたというデータがあります。確実性を求めるなら、3社以上は使ったほうがよさそうですね。

 

退職代行サービス

退職代行サービスとは、あなたに代わって会社と退職代行手続きをしてくれるサービスのことです。

弁護士が直接交渉してくれるので、転職エージェントとは違って料金が発生(3万円~5万円程度)します。

ブラック企業に勤めていて、退職させてもらえない人には退職代行サービスがおすすめです。

上司と話したくない、会社に行きたくないという人は、クズや甘えと言われる退職代行を使う人が圧倒的に賢い理由を解説をご覧ください。

退職代行サービスの詳細をまとめました。

今回は、以上です。