40歳までにサラリーマンから解放されるための情報サイトです。転職を中心にお金から自由になる方法をまとめています。

辞められたら困る人の特徴5選!どんな職場でも活躍できる人材になる方法

会社にとって辞められたら困る人の特徴ってなに?
転職後に必要とされる人材になる方法は?
どんな職場でも活躍できる人になりたい!

このような悩みを解決します。

どの職場にも、辞められたら困る優秀な人っていますよね。

会社にとって辞められたら困る人とは、業績アップに欠かせない人材のことをいいます。

 

ゆん
「やめてほしくない」と思う人ほど辞めるのが現実です・・・

 

今回は、どんな職場でも活躍できる人材の特徴と、辞められたら困る人ほど転職する理由をまとめました。

最後まで読めば、転職後にも必要とされる人材になるにはどうすればいいのかわかるでしょう。

本記事の内容は、目次をご確認ください。

  • 完全在宅残業より稼げる副業ブログです。
  • 低リスク気軽に始めたい人だけ以下の記事をご覧ください。
  • 誰でも初月に5万円(セルフバック)稼げます。

>>>WordPressブログの始め方を超わかりやすく解説【初心者が10分でできる】

辞められたら困る人の特徴5選

会社にとって辞められたら困る人の特徴を5つご紹介します。

  1. 物事の本質を見極められる
  2. 向上心がある
  3. 専門スキルをもっている
  4. 失敗から改善できる
  5. 判断と行動が早い

上記は、会社が辞めてほしくないと考える手放したくない人材の特徴です。

詳しく見ていきましょう。

1.物事の本質を見極められる

 

仕事をするうえで本質を見極める力は非常に重要です。

仕事によって目標は違いますし、何を優先して取り組むべきなのかも異なりますよね。

物事の本質をとらえられる人は、仕事ごとに重要なポイントを押さえることもできます。

重要なポイントを押さえられることは業務効率化に繋がるので、会社にとっての利益が大きくなるのです。

利益を最大化できる優秀な人は、会社が辞めてほしくないと思う人材そのものでしょう。

2.向上心がある

 

向上心がある人は、会社にとって利益をもたらしてくれます。

常に仕事と向き合い、自身と業務を改善しようとするためです。

失敗することが悪だと刷り込まれている日本において、積極的に改善しようとする人材は少ないですよね。

向上心がある人材に辞められることは、会社にとっての損失になります。

3.専門スキルをもっている

専門スキルを持っているということは、その人にしかできない仕事があるということです。

つまり、会社にとっては辞められたら困る人材といえます。

専門スキルがある人は育てることも大変ですし、転職市場における価値も高いので確保が大変です。

また、相当な時間を勉強してきていることが多く、学習能力も高い傾向にあります。

スキルがある人は、それだけで会社にとって辞められたら困る人材です。

 

ゆん
プログラミングや語学が堪能な人は、採用されやすいですよね。

 

4.失敗から改善できる

 

失敗から学び、改善できる人材は、会社にとって価値が高いです。

失敗したくない人は挑戦すらしません。

挑戦しないということは、学びがなく成長できないということです。

成長しない人間は、会社にとって価値が低く、利益よりもコストの方がかかります。

挑戦→失敗→改善できる人材は、会社にとって辞めてほしくない人材といえるでしょう。

5.判断と行動が早い

判断と行動が早い人は、優秀な人材に多く見られる特徴です。

あれこれ考えて行動できない人が多い中で、失敗を恐れずに行動できるからですね。

また、頭の回転も速いのであらゆる判断を即決できるという特徴もあります。

判断が早いからすぐに行動し、結果を出すのも早いので、多くの実績を残せるようになります。

判断が素早く、行動力がある人材は会社にとって辞めてほしくない優秀な人材です。

 

ゆん
判断力の早さと行動力がある人は希少です。

 

辞められたら困るのは優秀な人材!都合がいい人との違い

会社にとって辞められたら困る人材とは、「優秀な人材」です。

優秀な人材とは、一言でいえば会社の業績アップに欠かせない人のことをいいます。

会社の言いなりになって、何かと都合がいい人を「優秀な人材」と考える人もいるようですが、そうではありませんよ。

以下で「優秀な人材」と「都合がいい人」の違いを解説します。

会社にとって優秀な人材とは

会社にとって辞められたら困る「優秀な人材」とは、会社の業績アップに欠かせない人材のことを言います。

物事の本質を見極める能力があり、向上心が高く、改善していくことができる人材ですね。

専門スキルがある人や、挑戦を恐れずに素早く行動できる人も「優秀な人材」に該当します。

また、会社の業績アップに貢献する優秀な人材は、取引先である他社からの評価も高い傾向です。

他社からの評価も高いということは、転職先も豊富にあると考えられます。

会社にとっては「優秀な人材」とは、本当に辞められたら困る人材といえるでしょう。

退職引きとめに合った時は、退職を引き止められたら出世のチャンス?!後悔しないためにすべきことを読めば、とるべき行動がわかります。

 

ゆん
「優秀な人材」になれば、どんな職場でも活躍できるでしょう。

 

会社にとって都合がいい人とは

会社にとって都合がいい人とは、イエスマンです。

疑問を持つことなく言われたことをこなすので、会社にとっては非常に使いやすい「部品」といえます。

優秀な人材との大きな違いは「思考が停止していること」です。

どんなに給料が安くても、残業代が出なくても、思考が停止しているので「こんなもんか」で片づけてくれます。

会社にとって都合がいい人は、「優秀な人材」とは真逆の存在なのです。

 

ゆん
会社にとって都合がいい人になっていませんか?

 

辞められたら困る!優秀な人材ほど転職する理由

会社にとって辞められたら困る「優秀な人材」ほど転職しやすいのが現実です。

ここでは、その理由を深堀りします。

  1. 収入に不満があるから
  2. 成長できる見込みがないから
  3. .新しいことに挑戦したいから

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

1.収入に不満があるから

収入に不満があると、辞められたら困る人材が転職しがちです。

どんなに成果を上げても、どんなに会社に貢献しても昇給・昇進がなければ、その会社にいる意味がないですよね。(詳細は、基本給が上がらない会社は辞めるべき?続けるメリットと向いている人を解説を参照ください。)

優秀な人材は、転職市場においても引く手あまたなので、今いる会社に尽くす意味がありません。

また、辞められたら困る人材は自分の時間を大事にする傾向があります。

優秀な人は仕事を押し付けられがちなので、自分が活躍しやすい環境を求めて転職するのです。

 

ゆん
業績がいい会社は優秀な人材の待遇はすぐによくします。

 

2.成長できる見込みがないから

成長できる見込みがなくなると、優秀な人材はすぐに見切りをつける傾向にあります。

会社が成長できなければ、自分の給料は増えないですし、倒産するリスクがありますよね。

そんな環境にいては、自分の成長も止まってしまうでしょう。

会社の未来と自分の将来を考えて、転職を決意するのです。

 

ゆん
転職市場における自分の価値を把握することが大切ですね。

 

3.新しいことに挑戦したいから

会社を辞められたら困る優秀な人材は、向上心と好奇心が強いです。

現状に満足しないので、失敗を恐れずに新しいことを始める傾向にあります。

一つの会社にいては、ある程度の経験ができたらつまらなくなってしまうのです。

常に上を見ている姿勢も、優秀な人材ならではの特徴でしょう。

 

ゆん
満足せず、常に高みを目指すから辞められたら困る「優秀な人材」になれるのです。

 

辞めないで!どんな職場でも活躍できる人材になる方法

ここでは、どんな職場でも活躍できる人材になる方法をご紹介します。

会社にとって辞められたら困る「優秀な人材」になるためには、以下の3つが必要です。

  1. 実績を作る
  2. 「なぜ」を考えて本質を捉える
  3. 常に改善を心掛ける

詳しく見ていきます。

1.実績を作る

どんな職場でも活躍できる人材になるには、実績を作る必要があります。

結果を出してさえいれば、会社からの評価は自然とあがるでしょう。

会社からの評価が上がれば、任されるプロジェクトや関わる人間の質が上がり、より成長できるようになります。

実績を作るための近道はありません。

日々の努力が重要なので、腐らずに努力しましょう。

 

ゆん
実績は、転職市場におけるあなたの価値も高めてくれますよ。

 

2.「なぜ」を考えて本質を捉える

「なぜ」と疑問を持ち、物事の本質を捉えて行動するようにしましょう。

本質を捉えることができれば、あらゆる作業の効率化や改善ができるので、どんな職場でも通用する人材になれます。

物事の本質を捉えられるようになるためには、「なぜ」と考える癖をつけてください。

「なぜ」がわかれば、自ずとすべきことと道筋が見えてきます。

  • 「なぜ」この仕事が必要なのか
  • 「なぜ」この期日までに終わらせなければならないのか
  • 「なぜ」顧客はこのような要求をしてきたのか

といったように、あらゆることに疑問を持てば、自然と本質を捉えることができるようになります。

物事の本質を捉える能力は、辞められたら困る「優秀な人材」に必要な力です。

 

ゆん
日常生活から「なぜ」思考を取り入れることで、仕事にも活かしやすくなりますよ。

 

3.常に改善を心掛ける

どんな作業でも常に改善を心掛けて、効率化を図りましょう。

改善するということは、「挑戦→失敗→分析→改善」という4ステップを踏むことになります。

4ステップを繰り返していれば、どんな職場でも活躍できる人材に成長することができるでしょう。

ポイントは、「小さなことから始める」ということです。

メールのテンプレート作成や、デスクをきれいにすることから始めて、少しずつ改善・効率化できるようになりましょう。

 

ゆん
小さなことだからといってバカにしない。基礎ができないのに応用は不可能でしょう。

 

会社にとって辞められたら困る人材を目指そう

会社にとって辞められたら困る「優秀な人材」を目指すと、人生が豊かになります。

辞められたら困る「優秀な人材」とは、会社の業績アップや成長に欠かせない人のことでしたね。

自社からだけでなく、他社からも求められる人材になれれば、人生そのものが充実して楽しくなるでしょう。

現状に満足してる人や、失敗が怖いから挑戦したくないという人も挑戦すべきです。

失敗が怖いのは理解できます。

そんな人でも、死ぬときになぜ新しいことをしなかったのかと、後悔するケースがほとんどだそうです。

どんなふうに死にたいのか考えると、挑戦の第一歩が踏み出しやすくなりますよ。

 

ゆん
会社にとって辞められたら困る人は、転職市場における価値も高いです。転職のたびに収入が上がる人は本物ですね。

 

まとめ:「転職」でさらなる成長を!

最後に、本記事のまとめです。

  • 辞められたら困る人は、会社の業績アップに欠かせない人のこと
  • 辞められたら困る人になる方法は、地道に努力して結果を出すしかない
  • 優秀な人材と都合がいい人は全く違う
  • 会社にとって辞められたら困る人になれれば、人生が豊かになる

努力を重ねて実績ができたら、転職して新たなステージにチャレンジしましょう。

現状に不満があり、成長が実感できない人も、転職して環境を変えることがおすすめです。

今回は、以上です。