40歳までにサラリーマンから解放されるための情報サイトです。転職を中心にお金から自由になる方法をまとめています。
転職は落ちて当たり前!内定のコツと落ち込んだ時の対処法を紹介

転職は落ちて当たり前!内定のコツと落ち込んだ時の対処法を紹介

転職は落ちて当たり前!内定のコツと落ち込んだ時の対処法を紹介

転職面接は落ちて当たり前?落ちまくるんだけど・・・
転職活動が全然うまくいかない。原因を知りたい
転職に成功するための方法は知りたい!

このような悩みを解決します。

  1. 転職は落ちて当たり前といえる根拠
  2. 転職に落ちる原因と対処法
  3. 転職に落ちて辛い気持ちの切り替え方

【転職教室】管理人の経歴

  1. 医療法人(人事部)→パワハラ受けて転職
  2. 学校法人→なんか合わなくて2度目の転職
  3. 人材系法人→のびのび正社員

 

ゆん
当サイトの記事は、2度の転職経験と元人事部の目線で執筆しています。

 

転職で落ちまくったら、自分を否定されているみたいで辛いですよね。

結論、転職は落ちて当たり前です。合格率が4~5%しかないので、落ちても気にする必要はありませんよ。

本記事を読めば、転職は落ちて当たり前ということがわかり、落ち込むことなく転職活動にうち込めるようになるでしょう。

ここでは、転職面接に落ちるのは当たり前といえる根拠を解説します。

まずは以下の表をご覧ください。

マイナビ転職が調査した、年齢と応募者数をまとめた表です。

mynavi data1

すべてを平均すると、一人当たり8.4社に応募するということがわかりました。

ゆん
年齢が高くなればなるほど、応募社数も増えていますね。

上記の表を参考に、次は書類選考の通過率を確認します。

 

書類選考を通過する確率は30%で、そこから一次面接を通過する確率はさらに30%と絞られています。

さらに最終面接を通過して内定を得る確率は50%でした。

つまり、1次選考から最終面接を経て内定を獲れる割合は、たったの「4~5%」ということです。
ゆん
わかりやすくするために、例を出しますね。

 

  • 応募者が100人いました。
  • 書類選考を通過する確率は30%なので、100人中30人が書類選考を通過して、70人が落ちます。
  • 通過した30人の中から、一次面接を通過する確率は30%なので、9人が一次面接を通過して21人が落ちます。
  • 最終面接を通過して内定を得る確率は50%なので、9人のうちの4~5人しか合格できません。

と、いうことです。

つまり、100人応募したら、4~5人しか採用してもらえないということになります。

転職面接は落ちて当たり前ですね。

ゆん
圧倒的に落ちる人の方が多いので、ショックを受ける必要なんてないんですよ。

 

落ちて当たり前だよ…転職に失敗する3つの理由

ここでは、転職に落ちて当たり前の人に共通する3つの理由を解説します。

面接に合格するためのポイントを押さえましょう。

転職面接に失敗する理由

  1. 企業が求める人材ではない
  2. 質問の意図を正しく理解できていない
  3. 自分を採用するメリットを伝えていない

1.企業が求める人材ではない

転職で落ちて当たり前の人に共通する理由の1つ目は、企業が求める人材ではないことが挙げられます。

この場合は、企業の風土やビジョンとあなたが合わなかっただけなので、深く考える必要はありません。

応募する企業を間違えただけです。

プロ野球選手にサッカーをやれと言っても無理ですよね。これと同じです。

人にはそれぞれ特徴があり、能力が違います。

その時、その企業が求めている人材ではなかったというだけなので、落ち込む必要はありません。

どんなに有能な人でも、企業と人材像がマッチしなければ落ちます。

2.質問の意図を正しく理解できていない

質問の意図を理解できていないと、転職に落ちて当前です。

なぜなら、面接官の意図に合った回答ができておらず、理解力の低さをアピールしてしまうから。

聞かれたことに対して、表面上の意味で捉えていませんか?

質問の意図とは、質問者が本当に聞きたいことです。

例えば、「転職したい理由はなんですか?」と聞かれたとしましょう。

あなたが「給料がもっと欲しいからです」と答えたら、間違いなく落ちます。

  • 「なぜ質問者はこんな質問をしてきたのだろう」
  • 「この質問をしてくる背景はなんだろう」
  • 「本当に知りたいことは何だろう」

意味がない質問や、言葉通りの質問はありません。

質問者が本当に知りたいことを考えて答えなければなりません。

質問の意図を正しく理解し、自分は使える人材というアピールをできる人が、面接で合格できます。

ゆん
質問意図の理解は頭の良さのチェックです。意図に合った回答をしましょう。

 

スポンサーリンク

3.自分を採用するメリットを伝えていない

自分を採用するメリットを伝えていないと、転職に落ちて当たり前といえます。

なぜなら、面接は「自分の能力をアピールする場」でもあるから。

勘違いしやすいですが、面接とは、面接官が求職者を一方的に評価する場ではありません。

求職者が企業を評価しつつ、自分を採用するメリットを伝える場でもあります。

特に、中途採用の場合は、新卒採用とは違い能力至上主義です。

あなたの強みをわかりやすく伝えて、あなたを採用したことで企業にとってどんなメリットがあるのか、言葉にする必要があります。

脱・転職落ちて当たり前!成功させる3つのポイント

ここでは、転職面接に合格するためのポイントを3つご紹介します。

転職に落ちて当たり前…なんて状態から抜け出しましょう!

転職面接に合格するコツ

  1. 質問の意図を理解して受け答えする
  2. 自分の強みと何ができるのかを伝える
  3. 企業が求める人材になりきる

1.質問の意図を理解して受け答えする

転職面接に合格するためのポイント1つ目は、質問の意図を理解して受け答えすることです。

わかりにくいと思うので、例をあげます。

以下で少し解説しますね。

 

質問「転職したい理由はなんですか?」の3つの意図

①転職したい理由

→文字通り、質問者が知りたいこと。

②応募先企業の事業内容や業務内容について理解しているか

→質問の意図。転職して働くには事業内容や業務内容を把握している必要がある。応募者の理解度チェック。

③入社後に使える人材か

→質問者は②を踏まえたうえで、応募者が企業にどんな貢献ができるのか知りたい。

 

ポイントは、質問者が本当に知りたいことを考えて理解し、簡潔に答えることです。

これができないと面接で合格することはないでしょう。

  • 結論からいう
  • 簡潔に述べる
  • 質問の意図・背景を理解して会話する

これらを意識して面接に臨めば、きっと合格できます。

2.自分の強みと何ができるのかを伝える

転職面接に合格するためのポイント2つ目は、自分の強みを明確にして、何ができるのかわかりやすく伝えることです。

新卒採用のように、将来性で採用されることはほとんどありません。

あなたは何ができて、どのように企業に貢献できるのか伝える必要があります。

自分のストロングポイントを知る方法は、自己分析をすることです。

自分の長所や短所がわかるので、自然と向いている職種も見えてきますよ。

ゆん
とはいっても、自己分析のやり方なんてわからないし、難しいですよね。

 

そういうときは、無料のツールに頼ることをおすすめします。

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」を使えば、自分の長所や短所だけでなく、向いている職種がわかりますよ。

しかも、診断結果を選考で使えるので、強みを客観的にアピールすることも可能です。

「自己分析ができていないなぁ」「詳しく自己分析して有利に転職したい」と思った方は、ぜひご活用ください。

料金はもちろん無料です。

3.企業が求める人材になりきる

転職面接に合格するためのポイント3つ目は、企業が求める人材になりきることです。

なぜなら、転職面接とは、企業と求職者の相性チェックだから。

企業が欲している人材になりきれば、採用確率があがります。

面接前に応募要項を調べて、どんな人材を求めているのか調べましょう。

入念なリサーチが必要ですが、転職サイトや転職エージェントを使えばスムーズに調べられます。

猫さん
1人では調べないようにした方がいいの?

 

ゆん
時間がかかりすぎるし、正確とは限らないのでおすすめはしません。

 

企業研究するなら、転職エージェントに直接聞くことをおすすめします。

転職エージェントには、これまで何十万人と転職成功させてきた実績があるためです。

1人で調べるより効率よくできますよ。

転職面接に落ちて当たり前…気持ちを切り替える方法3選

ここでは、転職面接に落ちすぎて「転職に落ちて当たり前なんだよね…?」と、落ち込んでいるときの対処法を3つまとめました。

本当に、落ち込む必要なんてないですよ。

落ち込んだ時の対処法

  1. 「自分に合わなかっただけ」と割り切る
  2. 企業は落とすための面接をしてくる
  3. 合格したら「ラッキー」程度でいい

1.「自分に合わなかっただけ」と割り切る

転職面接に落ちすぎて辛いときの対処法1つ目は、「自分に合わなかっただけ」と割り切ることです。

なぜなら、何度もお伝えしている通り、転職面接は「企業との相性チェック」だから。

落ちたことでくよくよ悩んでも仕方ないんですよね。

どんなに優秀な人でも、企業が求める人材にマッチしなければ書類選考にすら通りません。

面接でなにがよくできて、何がうまくいかなかったのか分析しつつ、次に意識を向けましょう。

大事なのは、引きずらないことです。

ゆん
落ちたら辛いけど、引きずらないことが大事です。

 

2.企業は落とすための面接をしてくる

転職面接に落ちすぎて辛いときの対処法2つ目は、企業は落とすための面接をしているという事実を知ることです。

なぜなら、企業は「本当に」落とすための面接をしてくるから。

100人応募したら、4~5人しか採用採用されないという話は覚えていますか?

企業からすれば、応募してくる人は何人もいるので、落とすための面接をしなければならないというわけです。

落とすための面接をされるのに、合格するほうがすごくないですか?

「落ちてなんぼ」程度の気持ちで臨めば、悩むこともなくなるでしょう。

ゆん
ちなみに、転職活動に疲れた20代は休め!転職中断のメリット・デメリットでまとめている通り、疲れたら休むことも大事ですよ。

 

 

3.合格したら「ラッキー」程度でいい

転職面接に落ちすぎて辛いときの対処法3つ目は、「合格したらラッキー」程度に考えておくことです。

転職に成功する人は、100人中4~5人しかいないということはお伝えした通りですが、確率にして5%弱ですよね。

実力や面接準備が合格に関わるとしても、勝率としては低いでしょう。

1社に落ちたら「もうダメだ」と落ち込むのではなく、「ふーん、次いこ」程度でいいんです。

完璧主義は捨てて、合格したらラッキー程度に、気楽に転職活動しましょう。

そうすれば、いつの間にか理想の一社に巡り合えます。

もし、転職活動がうまくいかなくて疲れている人は、面接に落ちたショックなんてどうでもよくなる考え方【辛さへの対処法】をご覧ください。

心が楽になるはずです。

ゆん
転職では完璧主義はNGです。「受かったらいいな」という気楽さがベスト!

 

番外編:「転職に落ちて当たり前」だけど悔しい時は筋トレが有効

本章では、筆者が転職面接に落ちた時は、筋トレして悔しさを紛らわしていたという話をします。

転職は落ちて当たり前といっても、落ちるとやっぱり悔しいんですよね。

自分が否定されたような気持ちになりますし、ある程度のショックはうけます。

ゆん
筆者自身も、上でご紹介した考え方をしていましたが、それでもダメな時は筋トレで精神をコントロールしていました。

 

なぜ筋トレをしていたのかというと、

  • 幸福物質:ドーパミン
  • 精神安定:セロトニン
  • 意欲向上:テストステロン

などの脳内物質を発生させる作用があるためです。

転職面接に落ちたときのショックをとばすには、筋トレが非常に有効なんですね。

ちなみに、テストステロンには競争心を高める効果もあります。

競争心は転職活動において大きく影響するので、気分転換がてら、スクワットや腕立て伏せをしてみてはいかがでしょう?

ゆん
転職エージェントの活用や面接対策も大事ですが、メンタルコントロールもしたいですね。

 

まとめ:転職は落ちて当たり前!成功率を高めるためには転職エージェントの活用を!

全体の4~5%しか内定は出ないので、転職は落ちて当たり前です。

1社落ちるごとに落ち込んでいてはキリがないので、気にせず次に行きましょう!

最後に、本記事の内容をまとめます。

転職に落ちて当たり前の人に共通する3つの理由は以下の通りです。

転職面接に失敗する理由

  1. 企業が求める人材ではない
  2. 質問の意図を正しく理解できていない
  3. 自分を採用するメリットを伝えていない

転職面接に合格するためのポイントは以下の3つ。

転職面接に合格するコツ

  1. 質問の意図を理解して受け答えする
  2. 自分の強みと何ができるのかを伝える
  3. 企業が求める人材になりきる

転職面接に落ちすぎて「転職に落ちて当たり前なんだよね…?」と、落ち込んでいるときの対処法は以下の通り。

落ち込んだ時の対処法

  1. 「自分に合わなかっただけ」と割り切る
  2. 企業は落とすための面接をしてくる
  3. 合格したら「ラッキー」程度でいい
ゆん
転職成功率を高めるために、転職エージェントを活用しましょう。

 

模擬面接や、応募先企業に関する裏事情なども知っているので、バシバシ活用してくださいね。

本当に役立った転職エージェント

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。

 

ゆん
転職エージェントを複数活用すれば、相性が良いサービスで効率よく転職できます。

 

 

料金は完全無料です。何社に登録・利用しようが、料金はかかりません。

 

上記4社に登録済みの方は、以下の記事をご覧ください。

 

転職成功率を高める便利サービスや、年代別に特化した転職エージェントを紹介しています。

 

 

今回は以上です。

スポンサーリンク