40歳までにサラリーマンから解放されるための情報サイトです。転職を中心にお金から自由になる方法をまとめています。

激務で転職できない!転職活動の時間を作る5つの方法

転職活動したいけど忙しくて時間が作れない。このままじゃ転職できない・・・
働きながら転職するなんて無理では?どうやって転職活動の時間を作ればいいの?

このような悩みを解決します。

本業が忙しすぎて転職活動の時間が作れないと、焦るし不安ですよね。

ゆん
いったん退職してから転職活動に集中する手もありますが、おすすめはできません。

 

理由は仕事しながら転職活動が辛いときの対処法3選!【働きながら転職するコツ】で解説していますが、効率が悪いからです。

そこで今回は、転職活動の時間がないときの対処法を5つご紹介します。

最後まで読めば、働きながら転職活動できるようになり、効率よく転職先を見つけられるでしょう。

転職活動の時間がないからといって、やってはいけない注意事項も解説しますよ!

ゆん
本記事の内容は、目次でご確認ください。それではいきましょう!

 

スポンサーリンク

激務だけど転職活動したい!転職活動の時間を作る5つの方法

ここでは、転職活動したいけど激務なせいで、転職に使える時間がない時の対処法を5つご紹介します。

  1. 本業は上手にサボる
  2. 定時で帰宅する
  3. 空き時間を有効活用する
  4. 休日は遊ばない
  5. 転職エージェントをフル活用する

上記5つを試せば、転職活動の時間は作れます。

1つずつ見ていきましょう。

1.本業は上手にサボる

転職活動したいけど時間がない時の対処法1つ目は、本業は上手にサボることです。

業務を効率化し、本業をスマートにこなすための工夫をしてください。

本業で時間と体力を浪費するのではなく、無駄な仕事を辞めてサボれるくらいの余裕を持てれば最高です。

具体的な業務効率化の方法は、実は仕事ができる人はサボり魔という特徴が?本当に仕事ができる人の共通点でまとめています。

2.定時で帰宅する

転職活動したいけど時間がない時の対処法2つ目は、定時で帰宅することです。

定時で上がれれば、最低でも1時間は自由時間がありますよね。

効率的に業務をこなし、定時で上がれるように意識することから始めてみましょう。

残業している方は残業も辞めたほうがいいかもしれません。

残業代のためにする残業ほど、この世で無駄なものはありませんから。

3.空き時間を有効活用する

転職活動したいけど時間がない時の対処法3つ目は、空き時間を利用することです。

昼休みや通勤時間、打ち合わせの待ち時間など、空いた時間を有効活用しましょう。

5分あれば求人メールのチェックや、スケジュール調整などができますよね。

まとまった時間にやろうとするのではなく、コツコツやれることをやっていきましょう。

スポンサーリンク

4.休日は遊ばない

転職活動したいけど時間がない時の対処法4つ目は、休日の遊びを辞めることです。

趣味で1日を使いたい気持ちはわかりますが、それではいつまでたっても転職できません。

趣味に使う時間を制限し、作れた時間を転職活動に当てましょう。

飲み会などに毎週参加している方は、飲み会と自分の人生でどちらが重要か考えてみてはいかがでしょうか。

転職すればなくなる人間関係のために参加しているなら、行く意味がないと思います。

5.転職エージェントをフル活用する

転職活動したいけど時間がない時の対処法5つ目は、転職エージェントをフル活用することです。

転職するなら転職エージェントの利用は当たり前ですよね。

問題なのは、転職エージェントを正しく使えていない方が多いということです。

求人の提案はもちろんですが、スケジュール調整や面接対策、書類チェックなどをエージェントに任せていますか?

自分がやらなくてもいいことは、エージェントに丸投げでOKです。

NOと言われたら自分でやればいいですし、無能だと思ったエージェントは交代申請すれば変えてもらえます。

優秀なエージェントは高確率で2番目に来るので、すぐに交代申請してもよいでしょう。

転職活動したいけど時間がない人がやりがちな失敗例3選

ここでは、転職活動したいけど時間がない人がやりがちな失敗例を3つご紹介します。

焦る気持ちはわかりますが、そういうときこそ冷静さが必要です。

  1. 応募しまくる
  2. 軸を忘れる
  3. 自己分析をしない

それぞれ見ていきましょう。

1.応募しまくる

転職活動の時間がないときでも、たくさん応募して気を紛らわせようとすることはやめましょう。

なぜなら、転職エージェントからも企業からも良くない目で見られるから。

また、そんな気持ちで応募しても、採用されることはほとんどないです。

運よく入社できたとしても、イメージとのギャップのせいですぐ退職する羽目になるかもしれません。

 

 

早期退職は、キャリア的にマイナスです。

再度転職するたびに、「なぜすぐに辞めたのですか?」と間違いなく聞かれます。

応募する企業は、本当に入社したい企業だけにした方がよいでしょう。

2.軸を忘れる

 

 

転職活動に使える時間がなくて焦っても、軸を忘れて転職活動に臨むことは避けた方がよいです。

なぜなら、転職は目的を達成するための手段であり、目的ではないから。

自分にとって何が重要で、転職先の企業には何を求めるのかという軸を、きっちり決めておきましょう。

軸を曲げて転職しても、後悔してすぐ退職することになるかもしれません。

ゆん
転職する理由がはっきりしていれば、目的はすんなり決まるはずです。

 

3.自己分析をしない

 

 

転職活動したいけど時間がないときでも、自己分析に使う時間は確保することをおすすめします。

なぜなら、自己分析ができていないと面接でまともに受け答えできず、辛い思いをすることになるから。

面接官は人を見抜くプロです。

  • きちんと会社の研究をしてきているか
  • 自分の長所と短所がわかっているか
  • どのように会社に貢献できるか
  • 人として問題はないか

上記のようなことを見抜くために面接はあります。

自己分析をまともにしていないだけで準備不足が伝わり、熱意がないと思われる可能性もあるわけです。

忙しくて転職活動に使える時間がないとしても、隙間時間を見つけて取り組んだ方がよいでしょう。

ゆん
転職先がすぐ決まる人の特徴と理由は転職がすぐ決まる人の意外な特徴とテクニック【決まらない人との違い】でまとめています。

 

激務すぎて転職活動の時間がない!と悩む人の特徴3選

次に、「転職活動の時間がない!」と悩む人の特徴と理由をあわせて解説します。

精神的な部分が大きい傾向です。

  1. 覚悟ができていない
  2. 本気で追い込まれていない
  3. 転職エージェントをフル活用できていない

1つずつ見ていきましょう。

1.覚悟ができていない

「転職活動の時間がない!」と悩む人の特徴1つ目は、覚悟ができていないことです。

なんとなく転職しようとしているなら、辞めたほうがいいでしょう。

なぜなら、内定を獲れるわけがないから。

浮ついた気持ちの応募者を相手にするほど、企業は暇ではありません。

本当に転職する覚悟ができてから、転職活動を始めることをおすすめします。

ゆん
本当に転職したいけど覚悟が決まらない方は、転職を決断できない理由と対処法【3つの不安が原因です】をご覧ください。

2.本気で追い込まれていない

「転職活動の時間がない!」と悩む人の特徴2つ目は、本気で追い込まれていないことです。

本当に転職したいと思っているなら、どんなに忙しくても転職活動します。

忙しくて転職活動する時間がないなんて言うわけがありません。

なぜなら、死に物狂いで転職しようとしているから。

パワハラやモラハラなどに遭っている人は、本気で追い込まれているから転職活動の時間を作れるのです。

転職したい目的や理由が弱いから、「転職活動の時間がない!」なんて甘えていられるのです。

3.転職エージェントをフル活用できていない

「転職活動の時間がない!」と悩む人の特徴3つ目は、転職エージェントをフル活用できていないことです。

すでに解説した通りなので詳しくは書きませんが、転職エージェントは使い倒してなんぼのサービスといえます。

自分で転職活動の時間が作れないなら、エージェントに動いてもらえばいいのです。

転職エージェントは登録・利用ともに完全無料なので、使い倒しましょうね。

本当に役立った転職エージェント

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。

激務でも工夫次第!転職活動の時間は作るもの

本業や家事・育児などが忙しくて転職活動できないと困りますよね。

それはその通りなのですが、問題なのは思考停止してしまうことです。

無理と決めつけて、思考の放棄をしていませんか?何も努力していないのではないですか?

「転職活動したいけど時間がない」なら、工夫して転職活動する時間を作りましょう。

ゆん
マネジメントの祖と呼ばれるピーター・ドラッカーは以下のように言っています。

 

「私の観察では、成果をあげる者は仕事からスタートしない。時間からスタートする。計画からもスタートしない。時間が何にとられているかを明らかにすることからスタートする」

出典:「ドラッカー名著集1 経営者の条件」p.46より

忙しくて転職活動ができないなら、まずは自分の行動を振り返ってみましょう。

きっと、省ける行動があるはずです。

激務すぎる!どうしても転職活動の時間が作れない方へ

転職活動の時間は作るもの」とはいっても、家事や育児、本業が本当忙しすぎる人にはどうしようもないですよね。

そのような場合の対処法は、以下の3つです。

  1. 退職してから転職活動を始める
  2. 休職して落ち着かせる
  3. 求人のチェックだけしておく

まずは転職活動できる環境を整えることからですね。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.退職してから転職活動を始める

どうしても転職活動に使える時間がないときは、先に転職してしまうという対処法があります。

仕事に使っていた時間が丸々使えるので、かなり時間に余裕が生まれるでしょう。

しかし、個人的にはあまりおすすめしません。

なぜなら、効率の低下を招き、モチベーション維持が難しくなるためです。

詳細は仕事しながら転職活動が辛いときの対処法3選!【働きながら転職するコツ】で解説しています。

ゆん
退職することでお金が目張りしていく現実は、想像以上に不安になりますよ・・・

 

2.休職して落ち着かせる

どうしても転職活動に使える時間がないときは、休職して転職活動に取り組むという方法もあります。

しかし、この方法においてもリスクがあることはご承知おきください。

  • 自己都合の休職は企業に復帰することが前提なので、推奨されない
  • 休職中に転職活動していることがバレると、内定取り消しの恐れがある

休職中の転職活動には、上記のようなリスクがあります。

バレたら信頼を大きく損ねることになるので、休職中の転職活動はなるべく避けた方がよいでしょう。

企業と労働者は「契約」のもと関係維持されていることをお忘れなく。

3.求人のチェックだけしておく

どうしても転職活動に使える時間がないときは、求人のチェックだけしておき、時間ができたら転職活動するという方法があります。

時間はかかりますが、最も安全で、最も納得できる転職ができるでしょう。

求人のチェックだけなら、隙間時間を使えばできるので難しくありませんよね。

ゆん
隙間時間すらない方や、効率的に求人を探したい方は、転職エージェントを利用すれば解決できますよ!

 

転職エージェントは転職のプロ集団であり、個人では知りえない情報や非公開求人を持っています。

自分の希望を伝えるだけで、希望通りの求人をいくつか紹介してくれるので、効率的に転職先を見つけられるでしょう。

料金は無料なので、ご安心ください。

働きながら転職活動することは簡単ではありません。

だからこそ、転職サービスをうまく活用したいですね。

今回は以上です。

スポンサーリンク