40歳までにサラリーマンから解放されるための情報サイトです。転職を中心にお金から自由になる方法をまとめています。

仕事しながら転職活動が辛いときの対処法3選!【働きながら転職するコツ】

在職中の転職活動が辛すぎる。無理な気がしてきた・・・
仕事をしながら転職活動するのと、退職してからではどっちがいいの?
働きながら転職活動するときのコツが知りたい!簡単に終わらせたい!

このような悩みを解決します。

仕事をしながら転職活動するのは辛いし、無理だと思ってしまいますよね。

 

ゆん
退職してから転職した方が効率がいいのでは?なんて思っていませんか?

 

転職を成功させたいなら、仕事をしながら転職活動することをおすすめします

なぜなら、在職中の転職活動は辛いけど、メリットも大きいから。

最後まで読めば、在職中に転職した方が有利だとわかり、スムーズに転職活動を終えられるでしょう。

 

ゆん
仕事をしながら転職活動するのが辛いときの対処法も3つご紹介しますよ!

 

本記事の内容は、目次でご確認ください。

それではいきましょう!

仕事しながら転職活動するのは本当に辛いの?

仕事しながらの転職活動は本当に辛いの?

もしかしたら、自分だけ辛いのかもしれませんよね。

そこでネット上の意見を探し回ってみました。

 

ゆん
いくつかご紹介しますが、仕事しながらの転職活動は辛いという意見が多かったです。

 

 

 

 

転職に対しては前向きな方であっても、仕事をしながらの転職活動は辛いようです。

  • 時間がない
  • 体力がない
  • 気力がない
  • お金がない

いずれかの理由で、働きながら転職するのが辛い・無理だと感じているようですね。

仕事しながら転職活動するのが辛いため、退職してから転職しようとする人も見られました。

 

 

働きながら転職活動することが辛いのは、みんな同じようですね。

 

ゆん
僕はパワハラに耐えられなくて転職活動を始めたので辛くなかったです。とにかく職場を変えたかったので。

 

僕以外にも、「転職活動の辛さ<転職しないことの辛さ」の人がいるでしょう。

仕事が本当に辛い方は精神的理由で仕事を休みたい人へ【不安障害になった僕が伝えたいこと】をご覧ください。

無理する意味がないと納得するはずです。

次の章では、仕事しながら転職活動するのが辛いときの対処法を3つご紹介しますね。

【ストレス激減】仕事しながら転職活動するのが辛いときの対処法3選

ここでは、仕事しながら転職活動することが辛いときの対処法を3つご紹介します。

働きながら転職活動するためには、手抜きは必要です。

  1. スカウト機能を利用する
  2. 応募する求人を絞る
  3. 転職エージェントを活用する

詳しく見ていきましょう。

1.スカウト機能を利用する

転職活動では、転職エージェントをはじめとした「転職サービス」の利用が常識ですよね。

転職サービスの中には、あなたを直接スカウトする機能を持ったサービスがあることをご存じですか?

スカウト機能とは、企業が求職者のプロフィールをチェックし、「ぜひ弊社に来てほしい!」と思った人にだけ送る特別オファーのこと

つまり、スカウトが来ればその時点で転職活動が終了するということです。

 

ゆん
スカウト機能のかげで余裕が生まれるので、落ち着いて転職活動を進めることができます。

 

スカウト機能がある転職サービスでおすすめなのはリクナビNEXTと、ビズリーチです。

リクナビNEXT転職サイトで唯一、履歴書と職務経歴書を無料で作成できるツールがあります。

テンプレートに沿って作成するだけで、書類選考に通過できるような素晴らしい書類が作れますよ。

ビズリーチはハイクラス向けの転職サイトです。

有料プランもあるのですが、有能なヘッドハンターからコンタクトがあれば、ヘッドハンター本人との人脈ができるのが最大のメリットですね。

 

ゆん
気軽にスカウトされたい人は、完全無料のリクナビNEXTが向いていますよ。ビズリーチは本気でスカウト狙いの人におすすめです。

 

>>>リクナビNEXTの公式サイト(無料登録)はこちら

>>>ビズリーチの公式サイト(無料登録)はこちら

 

あなたの転職市場価値を測定できるサービスや、その他おすすめの転職サービスが知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

 

 

2.応募する求人を絞る

仕事しながら転職活動することが辛い理由は、応募する求人が多すぎることが原因かもしれません。

数打てば当たる理論で多めに応募したい気持ちはよくわかります。

しかし、応募しすぎて疲れてしまうなら数は絞るべきです。本末転倒ですからね。

 

ゆん
転職エージェントに相談すれば戦略を考えてくれるので、一度相談することをおすすめします。

 

3.転職エージェントを活用する

まさかとは思いますが、転職エージェントを使わずに、自分一人で転職活動をしてはいませんよね?

仕事しながら転職活動することが辛い人は、転職エージェントを使い倒していないケースかもしれません。

自分にしかできない面接など以外は、エージェントに丸投げでいいんですよ!

まずは、あなたが「働きながらの転職活動が辛い」と感じている理由を書き出してみてください。

 

  • 求人を見つけること
  • 求人の応募
  • 面接日時設定
  • 職務経歴書の作成

 

上記のようなことは、すべて転職エージェントに丸投げでもいいんです。

「あなた」がやらなければならないことだけこなし、転職エージェントでもできることは丸投げで気楽にいきましょう。

 

ゆん
転職エージェントには、「非公開求人に応募できること」や「推薦で書類選考を通過できること」といったメリットもあります。

 

本当に役立った転職エージェント

doda

特徴:利用者満足度が最高評価。優良求人が多数。本当に使いやすい。

リクルートエージェント

特徴:求人数業界NO.1。非公開求人がとにかく多い。迷わず登録すべきでしょう。

パソナキャリア

特徴:サポートの手厚さに定評あり。女性向け案件が多い。転職経験がない人におすすめ。

JAC Recruitment

特徴:高収入求人が多数。ハイクラス向け。ハイクラスにふさわしく担当者の質が非常に高い。

 

ゆん
迷ったら業界最大手のリクルートエージェントが安心です。サポートも初心者向けで手厚いですよ。

 

リクルートエージェントに無料で相談する

 

【意外】仕事しながら転職活動することのメリット

次に、仕事をしながら転職活動することのメリットをご紹介します。

退職してから転職活動を始めようと思っていた方は、それが正解なのか考えてみてください。

  1. お金の不安がない
  2. 行動力を強みにできる
  3. 内定獲得後の無敵モードを味わえる

それぞれ詳しく見ていきますね。

1.お金の不安がない

 

働きながら転職活動することのメリット1つ目は、お金の不安がないことです。

退職してから転職活動を始めると、収入が一時的に0になりますよね。

お金が減っていくだけの状況は、かなり精神的に悪いのです。

転職成功のためには安定したメンタルが必須。

転職活動に集中したいなら、退職しない方がいいかもしれません。

2.行動力を強みにできる

働きながら転職活動することのメリット2つ目は、行動力を強みにできることです。

仕事しながら転職することは、決して当たり前ではありません。

9時から17時まで働き、帰ったら転職活動することは、客観的にみてもハードでしょう。

つまり、仕事をしながら転職活動できる人は、その時点で一定水準の行動力をアピールできているのです。

 

ゆん
面接官は、「面接」でのあなたしか見ていないわけではありませんよ。

 

3.内定獲得後の無敵モードを味わえる

働きながら転職活動することのメリット3つ目は、内定獲得後の無敵モードを味わえることです。

終わりが見えたことで余裕が生まれ、仕事に対するストレスがほとんど消えます。

定時で即上がっても問題ないですし、いわゆる「無敵」状態ですね。

新しく仕事を振られる心配もなく、本当にリラックスして1ヶ月ほど過ごせますよ。

 

ゆん
仕事量が減って楽すぎたので、「あれ?この職場のままでもいいんじゃ?」なんて僕は思ってしまいました。

 

退職してから転職活動するのはリスクが伴う

次に、退職してから転職活動することはリスクを解説します。

転職に集中できるかと思いきや、そうでもないですよ。

  1. 面接で不利になる
  2. 内定が出ない焦り
  3. お金が減る不安

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.面接で不利になる場合がある

他の応募者が働きながら転職する人ばかりの場合、忍耐力がないと思われるかもしれません。

忍耐力がない人は雇ってもすぐやめると考えられるので、不採用の理由にされることがあります。

退職すべきだった理由を合理的に説明できれば問題ありませんが、受け答えには注意すべきでしょう。

2.内定が出ない焦り

退職したのに内定が出ないと焦りが生まれます。

焦りは不要なミスやストレスを招くので、転職活動の障害になるでしょう。

また、焦りからは妥協もうまれます。

望んでいない企業で働くことになり、転職活動やり直しなんてことにならないようにしたいですね。

3.お金が減る不安

 

経験したことがある人は良く知っているでしょうが、収入0はかなり不安になります。

お金だけが目張りしていくので、メンタルにも悪影響です。

  • 家賃を払えない
  • 食事できない
  • スマホが使えなくなる

最悪、上記のようなことになります。

この不安に耐えながら転職先を見つけなければならないのでプレッシャーが半端ないです。

 

ゆん
退職してから転職活動すると決めた人は、実際に転職して分かったホワイト企業の正しい見分け方【転職成功のコツ】をご覧ください。

 

在職中と退職後の転職活動はどっちがおすすめ?

結局、在職中に転職活動を始めるのと退職してから転職活動するのは、どちらがよいのでしょうか。

結論ですが、以下に該当する人は仕事をしながら転職活動すべきです。

  • 今の仕事が本当に辛くて精神的に限界な人
  • 今の職場ではやっていけないと感じている人
  • 有休が取れなくて転職活動に支障が出ている人
  • 残業が多くて転職活動に使える時間がない人

今の職場が辛くて精神的に限界な人は、すぐにでも転職活動を始めるべきです。

逃げ場を確保しておくことで精神的な余裕が生まれますし、心身の健康が第一ですよね。

仕事のせいで転職活動に集中できない人も同様です。

上記に該当しない人であっても、退職してからではリスクが伴うので、なるべく働きながら転職活動した方がよいでしょう。

おすすめの転職エージェント

仕事しながらの転職活動をスムーズに成功させるためには、転職エージェントの利用が必須です。

転職のプロである転職エージェントを使いこなして、効率よく転職活動を成功させましょう!

  • doda
    5.0

    ①利用者満足度が90%で、全転職サイト最高評価を獲得!
    ②企業から直接オファーが届くスカウト機能で、余裕をもって転職活動ができます。
    ③キャリアアップ査定といったツールで自分の市場価値を把握して、年収交渉などを有利に進められました。
    ④転職に不慣れな20代向けにサポートも充実しており、転職経験がない人でも安心して利用できます。

  • リクルートエージェント
    5.0

    ①求人の質・量ともに業界No.1!
    ②リクルートだからこそ持っているノウハウと、圧倒的な求人数で万全なサポートを受けられます。
    ③企業からの信頼も厚く、「リクルートエージェントだからOK」という理由で書類選考に通ったこともありました。
    ④リクルートエージェントにしかない独占求人も多数あるので、必ず登録しておきたいエージェントです。

  • パソナキャリア
    4.99

    ①転職エージェントのオリコン顧客満足度調査で3年連続第1位!
    ②キャリアアドバイザーの手厚いサポートに定評がある転職エージェントです。
    ③日系・外資系ともに大手の求人が多く、登録しておくだけでも有益な情報を得ることができました。
    ④幅広く求人が欲しい人、転職経験がなく手厚いサポートがほしい人には特におすすめです。

 

目的別でさらに詳しくでおすすめの転職エージェントが知りたい方は、以下の記事もご活用ください。

転職活動の詳しい流れ円滑に終わらせるためのコツもまとめました。

あなたの転職が成功することを祈っています!