40歳までにサラリーマンから解放されるための情報サイトです。転職を中心にお金から自由になる方法をまとめています。

本当に転職していいのか悩んで転職したら正解だった話

本当に転職していいのか、転職しない方がいいのか悩んでいます。
職場を変えるべき人と変えない方がいい人の違いは?
転職した方がいいのか判断基準がほしい!

このような悩みを解決します。

転職しようと思ったものの、「本当に転職してもいいの?転職しない方がいいんじゃないの?」と不安になりますよね。

 

ゆん
僕は転職を2回しましたが、同じように悩んで不安でした。

 

結論から言いますと、明確な目標があって自分で転職を決断するなら、転職して正解です。

目標がなく、一時の感情に流されて転職しようとしている人は、転職しない方がいいでしょう。

本記事では、本当に転職していいのか悩んでいる人が知るべき事実を3つまとめました。

最後まで読めば自分が転職した方がいいのか、しない方がいいのかがはっきりして、転職に関する不安が解消されるでしょう。

書かれている大まかな内容は、目次でご確認ください。

それでは行きましょう!

スポンサーリンク

【経験談】本当に転職していいのか悩んで転職した結果

ここでは、本当に転職していいのか悩んで、転職という選択をとった僕がどうなったのかご紹介します。

結論から言いますと、転職して正解でした。

給料は上がるし、グチグチ絡んでくるパワハラ上司は消えるし、優しくて余裕がある仲間ができましたよ。

人間関係の不満がほぼ0になったのが、特に大きいですね。仕事のパフォーマンスが全然違います。

不安障害になって、仕事に行きたくないと泣きそうになっていた昔が信じられません。(詳しくは精神的理由で仕事を休みたい人へ【不安障害になった僕が伝えたいこと】をご覧ください。)

 

 

 

 

上記のように、自分で決断して転職した人は後悔しません

なぜなら、目標が明確にあって、そのための「手段として」転職をしたから。

  • 「目の前のことから逃げ出したいから」
  • 「今の会社が嫌だから」
  • 「自分ならもっとやれるはずだから」

このような転職理由では、転職できたとしても後悔するでしょう。

明確な目標があるなら、転職するのに迷う必要なんてありません。

 

ゆん
転職が正解か失敗か決めるのはあなた次第です。

 

本当に転職していいのか悩んでいる人が知るべき3つの事実

まずは、本当に転職していいのか悩んでいる人が知るべき3つの事実をお伝えします。

ここを押さえてから、転職すべきなのか判断してくださいね。

  1. 状況がよくなるとは限らない
  2. 良いこと・悪いことすべてがリセットされる
  3. 「行動」しなければ何も変わらない

詳しく見ていきましょう。

1.状況がよくなるとは限らない

本当に転職していいのか悩んでいる人が知るべき事実の1つ目は、転職で状況がよくなるとは限らないことです。

「転職すれば悩みがなくなるから解決したい!」と考える人がいるようですが、そんなに単純ではありません。

転職することで別の悩みが増えたり、状況が悪化したりすることもあるのです。

事前に聞いていた業務内容や給料と違ったり、前職よりも厄介な人間関係になったりします。

転職するだけで悩みが消えるわけではないことを理解しておきましょう。

 

ゆん
給料に不満があって転職するなら、副業という選択肢もあります。詳しくは【やめとけ】おすすめできない副業5選!副業しない方がいい人の特徴とは?をご覧ください。

 

2.良いこと・悪いことすべてがリセットされる

本当に転職していいのか悩んでいる人が知るべき事実の2つ目は、良いこと・悪いことのすべてがリセットされることです。

つまり、嫌な人間関係や辛い職場からは解放されるけど、これまで積み上げてきた実績や信頼もなくなるというわけですね。

転職すると、悪いことも良いこともすべてが0スタートになります。

メリットばかりではないのでご注意ください。

 

ゆん
転職のメリット・デメリットについては後ほど解説しますね!

 

スポンサーリンク

3.「行動」しなければ何も変わらない

本当に転職していいのか悩んでいる人が知るべき事実の3つ目は、「行動」しなければ何も変わらないということです。

当たり前のことですが、現状を良くしたいなら行動しなければなりません。

「職場に不満があるから変えたいけど、転職って大変そうだしめんどくさい。行動したくないなぁ」

なんて思っている人は、幸せと一番遠い人です。

なぜなら、「行動」していないから。

行動することで、状況が悪くなる可能性はもちろんあります。

 

ゆん
しかし、行動しなければ状況が良くなることもありません。

 

転職していいのか悩んでいる人は、本当に転職すべきなのか、転職が正解なのかわからなくて不安なんですよね。

その不安を打ち破るために、転職活動という「行動」を起こすことが、幸せの第一歩ではないでしょうか。

本当に転職していいのか?【転職のデメリットとメリット】

ここでは、転職のデメリットとメリットを考慮したうえで、本当に転職してもいいのか確認しましょう。

まずは、転職のデメリットからです。

転職のデメリット

転職のデメリットは以下の4つです。

  1. 状況がよくなるとは限らない
  2. お金がかかる
  3. 退職金は減る
  4. 信頼・実績は0スタート

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.状況がよくなるとは限らない

すでにご説明した通り、転職しても状況が良くなるとは限りません。

むしろ悪化する可能性もあります。

転職して後悔する人もいるので、目先のことから逃げるための転職は避けるべきでしょう。

 

 

2.お金がかかる

転職にはお金がかかります。

交通費や宿泊費、スーツ代といった準備にかかるお金です。

転職活動をするなら、貯蓄には余裕をもってとりかかりましょう。

 

ゆん
交通費と宿泊費は本当にお金がかかります。出張ついでに面接できればいいのですが・・・

 

3.退職金は減る

転職すると、もらえるはずだった退職金・企業年金が減ってしまいます。

勤続年数に応じて、退職金は増える仕組みだからです。

今よりも高い給与を転職先からもらえなければ、生涯賃金は少なくなります。

4.信頼・実績は0スタート

信頼・実績はリセットされます。

どんなにすごい実績があっても、ある程度の権威性しかはっきできません。

過去の実績は忘れて、もう一度結果を出さなければならないでしょう。

 

ゆん
実績は0から作るもの。新たなチャレンジが必要になります。

 

転職のメリット

次に、転職のメリットを解説します。

  1. 嫌なことすべてを断ち切れる
  2. 年収が上がる可能性がある(キャリアアップ)
  3. 人間関係を刷新できる
  4. 可能性が広がる(スキルが身につく)

詳しく見ていきますね。

1.嫌なことすべてを断ち切れる

転職することで、前職に関する嫌なことをすべてを断ち切れます。

会社にマイナスイメージを持たれてしまうと、改善が大変ですよね。

しかし、新しい会社なら一からやり直せるでしょう。

2.年収が上がる可能性がある(キャリアアップ)

転職して年収が上がる可能性があります。

いわゆるキャリアアップというやつですね。

もちろん、転職すれば必ず年収が上がるとはいえません

自分の価値が転職先に認めらたら、収入はアップします。

 

ゆん
転職して年収を上げ続けることが、収入アップの近道です。

 

3.人間関係を刷新できる

転職すると、人間関係を刷新できます。

嫌な関係を断ちつつ、新たな人脈を作れることは転職の大きなメリットです。

価値観が近い人と出会えれば、互いを成長させあえる良い存在になれるかもしれません。

4.可能性が広がる(スキルが身につく)

転職することで可能性が広がります。

未経験職に転職した場合は新たなスキルを身につけることができるので、人材価値もあがるでしょう。

同業他社であっても、会社によって働く環境は大きく違うため、視野が広がるはずです。

 

ゆん
成長したい人にとって、転職は絶好の機会です。

 

本当に転職していい?転職しない方がいい人の特徴

ここでは、転職しない方がいい人の特徴を解説します。

当てはまっていたら、少し考えた方がいいかもしれません。

  1. 人間関係に不満がある
  2. 現職の給料や待遇が良い
  3. 転職したい理由があいまい

詳しく見ていきますね。

1.人間関係に不満がある

 

 

人間関係に不満があって、とにかく現状から逃げ出したい人は転職しない方がいいでしょう。

なぜなら、嫌なことから逃げ出したいだけで、転職先での目的が明確になっていないから。

そんな状態で転職しても失敗して終わる可能性が高いです。

また、転職ではなく異動という手段があるので、先に上司(上司の上司)に相談することをおすすめします。

ずっと嫌な関係が続くとも限らないですからね。

 

ゆん
ただし、本当に辛くて心身に悪影響が出ている人は転職した方がいいです。【実体験】仕事のストレスが限界な時の対処法と予防策【ヤバいサイン】を読んで、自分の状態をチェックすることをおすすめします。

 

2.現職の給料や待遇が良い

現職の給料や待遇がよい場合も、転職はしない方がよいかもしれません。

なぜなら、転職先の給料が安く福利厚生や手当などの待遇がひどいと、転職したことを後悔するかもしれないから。

転職前にある程度は把握できるので、一時の感情に任せず、冷静に判断すべきでしょう。

現職より良い条件の会社に転職できるかは、転職エージェントが紹介してくる求人や対応で大体わかります。

実際に転職はするつもりがなくて、自分の価値を知るためだけに転職活動を始めれば発見があるかもしれませんね。

3.転職したい理由があいまい

 

 

転職したい理由があいまいで明確になっていない人は、転職すべきではありません。

明確な退職理由があって、転職先で何がしたいのかスラスラいえないのなら、転職は考えた方がよいでしょう。

転職は嫌なことから逃げるために使えますが、逃げ癖がついたら取り返しがつきません。

なにより、人事に見抜かれて転職がうまくいかないです。

 

ゆん
繰り返しますが、職場環境や人間関係・仕事内容などのせいで、心身の健康に異常が出ている人は転職すべきです。

 

転職の成功率を上げる方法

本当に転職していいのか悩んでいあなたに、転職の先人としてアドバイスさせてください。

転職を決断したなら、必ず複数の転職エージェントを利用しましょう。

情報源を複数持つことで、情報量と正確性が増し、転職成功率がグッと上がるからです。

もし、あなたが本当に転職すべきなのか迷い続けているなら、存分に迷って考えてください。

転職はあなたの人生の一部です。とことん悩んで、悩みぬいてください!

行動しなければ何も変わりませんが、「悩んだ」という遠回りした先には、虹がかかってみえるでしょう。

 

 

転職はあなたの人生を好転させるための手段であり、目的ではありません。

転職するにしても、しないにしても、あなたの人生がよりよくなることを祈っています。

本当に役立った転職エージェント

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。

 

ゆん
転職エージェントを複数活用すれば、相性が良いサービスで効率よく転職できます。

 

 

料金は完全無料です。何社に登録・利用しようが、料金はかかりません。

 

上記4社に登録済みの方は、以下の記事をご覧ください。

 

転職成功率を高める便利サービスや、年代別に特化した転職エージェントを紹介しています。

 

スポンサーリンク