40歳までにサラリーマンから解放されるための情報サイトです。転職を中心にお金から自由になる方法をまとめています。

上司からのラインがうざい!角を立てずに拒否する方法

プライベートでも上司からラインが来てうざい。仕事以外で関わりたくない
上司からのラインが気持ち悪い!休日まで送ってくる既婚者って何?
上司からのラインが二度と来ないようにしたい!

このような悩みを解決します。

ライン(LINE)は仕事でも活用するツールになりましたね。

上司とのやり取りをラインでしている人も多いのではないでしょうか。

問題なのは、休日などのプライベートでも関係なくラインを送ってくる上司が増えたことです。

 

ゆん
業務に関係がないことでもラインされると、うざいし気持ち悪いですよね。

 

今回は、上司からのラインがうざいときの対処法と、二度とプライベートでラインを送らせないようにする方法をまとめました。

最後まで読めば、プライベートに関係なく踏み込んでくる気持ち悪い上司から解放されるでしょう。

本記事の内容は目次でご確認ください。

それでは行きましょう!

  • 完全在宅残業より稼げる副業ブログです。
  • 低リスク気軽に始めたい人だけ以下の記事をご覧ください。
  • 誰でも初月に5万円(セルフバック)稼げます。

>>>WordPressブログの始め方を超わかりやすく解説【初心者が10分でできる】

【理由】上司がプライベートでもラインを送るのは「好意」から?

はじめに、なぜプライベートでも上司はラインを送ってくるのか解説します。

結論から言うと、上司がプライベートでもラインを送るのは「あなたに好意を抱いているから」です。

気になる人がいたら、「今何をしているんだろう」と気になってしまいますよね。

ラインはメッセージのやり取りがしやすいという特徴があるので、休日だろうが深夜だろうがラインを送ってくるのです。

 

 

 

ゆん
ぶっちゃけ、仕事以外で上司と関わりたくないですよね。

 

 

 

上記のように、上司が仕事のことで頭がいっぱいだから、休日でもラインを送ってしまうというパターンも考えられます。

このケースは上司のキャパオーバーが原因であり、好意を持っているからラインしてくるわけではありません。

  • 上司があなたに好意を抱いているから、プライベートでもラインを送る
  • 上司が仕事のことでいっぱいいっぱいで、休日にもラインを送ってしまう

上司から勤務時間以外にラインが来るといっても、複数の理由があることを頭に入れておきましょう。

 

ゆん
好意を持たれているからラインしてくるパターンは面倒ですが、ちゃんと対策できるのでご安心ください。

 

気持ち悪い!上司からのラインがうざいときの対処法

ここでは、上司からラインが送られてきてうざいときの対処法をお伝えします。

他のサイトでは推奨しているようですが、未読無視やブロックは避けましょう。

上司の気持ちを逆なでして、悪化する危険性があるためです。

本当に効果があるのは、以下の3つになります。

  1. ライン上で「やめてほしい」と伝える
  2. 勤務時間以外は反応しないと伝える
  3. やり取りは「メール」でしか行わないようにする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.ライン上で「やめてほしい」と伝える

上司からのラインがうざいときは、ライン上ではっきり「迷惑している旨」を伝えましょう。

上司が相手だと言いにくいでしょうが、遠慮する必要はないです。

仕事以外の連絡はしないでほしいと文書で伝えておけば、コンプライアンス相談室に証拠として持ち込めます。

注意点として、あいまいな理由で連絡しないでほしいと伝えるのはやめましょう。

「忙しいから」「休日はラインを見ないから」などでは弱いからです。

はっきりと拒絶の意思を伝えてくださいね。

 

ゆん
面と向かっていうより、ラインで伝えた方がより「拒絶感」を出せます。

 

2.勤務時間以外は反応しないと伝える

上司に対して、「勤務時間以外はラインに反応しない」という連絡をしておくことも有効です。

先に防波堤を作っておけば、上司が一方的にラインを送ってくるというリスクを減らせます。

「なんで反応してくれないの」などと言われたら、「プライベートまで連絡したくない」とはっきり伝えましょう。

ただし、言葉選びは慎重にしてくださいね。

逆上されたら危険です。

 

ゆん
中には拒絶に敏感に反応する人もいます。言葉は丁寧に選びましょう。

 

3.やり取りは「メール」でしか行わないようにする

仕事上のすべてのやりとりをメールで行うようにすれば、ラインで上司に絡まれるリスクがありません。

そもそも上司にラインを教えないという戦法です。

やり取りをメールに絞れば、返信しなかったとしても文句を言われる筋合いがないでしょう。

どうしても仕事のやり取りはラインでしなければならない人は、仕事用のアカウントを作成すべきです。

休日は仕事用アカウントからログアウトしていても不思議じゃありません。

未読無視しても筋は通ります。

 

ゆん
付け入る隙を上司に与えないことがポイントです。

 

上司にムカムカして仕返ししたい人は、むかつく上司の特徴あるある10選!賢く仕返しして社会から退場させる方法をご覧ください。

合法的にやり返す方法があります。

 

ゆん
次の章では、二度と上司からラインが送られないようにする方法をご紹介しますね。

 

【角を立てない】上司に二度とラインを送らせない方法2選

ここでは、上司から二度とラインが来ないようにする方法をご紹介します。

精神的に追い詰められてもう無理!という方は、【実体験】仕事のストレスが限界な時の対処法と予防策【ヤバいサイン】をご覧ください。

  1. アカウントを変える
  2. 上司の上司に相談する(セクハラの告発)

それぞれ見ていきましょう。

1.アカウントを変える

アカウントを変えることで、上司からうざいラインが二度と来ないようにすることができます。

アカウントの変更は本人の自由なので、何か言われても変えたいから変えたといえば問題ないです。

ただし、二言目には「アカウント教えて」といわれるでしょう。

ここで教えてしまっては意味がないですよね。

 

ゆん
そこで、新アカウントを2つ作ることをおすすめします。

個人のプライベート用アカウントと、仕事専用アカウントです。

上司に教えるのは仕事専用アカウントにすれば、休日は心安らかに過ごすことができます。

2.上司の上司に相談する(セクハラの告発)

どうしても上司からのうざいラインが止まらないようであれば、上司の上司に相談しましょう。

ラインならば文書が残っているので、見せた方が早いです。

セクハラに該当する文言があれば、容赦なく告発することをおすすめします。

一瞬で上司を終わらせることができますよ。

自分でうざい上司の相手をしたくない場合は、第一の選択として上司の上司に相談しましょう。

 

ゆん
我慢すると僕のように心がおかしくなる可能性があります。詳しくは精神的理由で仕事を休みたい人へ【不安障害になった僕が伝えたいこと】をご覧ください。

【注意点】上司からのラインがうざくてもしてはいけない3つのこと

ここでは、上司からのラインがうざくてもしてはいけないことをご紹介します。

下手に刺激すると悪化するかもしれません。

  1. 言いふらす
  2. 未読スルーまたはブロックする
  3. 期待させる行動をする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.言いふらす

上司からのラインがうざくても、同僚に言いふらしてはいけません。

なぜなら、上司のメンツをつぶしてしまうからです。

上司のプライドがズタズタにされて逆上されるかもしれません。

また怖いのは、悪意がないのに上司がプライベートでもラインを送っていた場合です。

あなたは上司と仲が良いと思っていなくても、上司はあなたと仲が良いと思っていたケースですね。

上司との関係は、あなたの人事考課にも響きます。

無駄な関係悪化は避けた方が賢明でしょう。

 

ゆん
自分が陰口いわれると不愉快ですよね。それと同じです。

 

2.未読スルーまたはブロックする

上司からのラインがどんなにうざくても、未読スルー(未読無視)またはブロックは避けるべきです。

なぜなら、感情を逆なでしてよりひどくなる恐れがあるから。

即レスする必要はありませんが、1日1通くらいは返信してあげてください。

未読無視を根に持って、業務上で嫌がらせしてくるかもしれません。

ちなみに、ブロックは言語道断です。

一方的に相手を否定する行為なので、未読無視よりもリスクが高いですよ。

上司がどんなにうざくて嫌いでも、今後の関係のことも考慮して、大人の対応をしましょう。

上司が嫌いすぎて顔も見たくない人は、【対処法】嫌いな上司と話したくない!顔も見たくない上司とうまくやる方法をご覧ください。

3.期待させる行動をする

もしかしたら、あなたが上司に期待させるようなことをしているから、プライベートでもラインを送ってくるのかもしれません。

皆から好かれる人っていますよね。

いわゆる、人間たらしというやつです。

さりげないボディタッチや、毎回笑顔で話しているせいで、上司は「あなたが上司に気がある」と思い込んでいるかもしれません。

あなたにとっては「上司からのうざいライン」であっても、上司からすると「あなたから誘ったコミュニケーション」というわけです。

 

ゆん
自分の行動を振り返ってみて、反省点がないか確認してみましょう。

 

上司からのうざいラインでノイローゼになる前に逃げよう

最後にアドバイスさせてください。

上司からのうざいラインのせいでストレスが溜まっているなら、ノイローゼになる前に逃げましょう。

ご紹介した方法なら対応はできますが、上司と同じ職場にいるという状況までは変えられません。

上司からのうざい・気持ち悪いラインがなくなったとしても、心の傷まではなくせないのです。

そういう時は、転職することで心が楽になります。

 

ゆん
僕は2回転職して年収が100万円ほど上がりました。人間関係の悩みも解消されて、気楽に働けています!

 

行動はすぐにすべきです。

なぜなら、「後でいいか」と後回しにすると、一生やらないから。

やる気になった「今」を無駄にして、まだ苦しみ続けたいのですか?

ちなみに、求人は早い者勝ちですよ。

 

本当に役立った転職エージェント

doda

特徴:利用者満足度が最高評価。優良求人が多数。本当に使いやすい。

リクルートエージェント

特徴:求人数業界NO.1。非公開求人がとにかく多い。迷わず登録すべきでしょう。

パソナキャリア

特徴:サポートの手厚さに定評あり。女性向け案件が多い。転職経験がない人におすすめ。

JAC Recruitment

特徴:高収入求人が多数。ハイクラス向け。ハイクラスにふさわしく担当者の質が非常に高い。

上司からの離れたい、顔も見たくないほど精神的に追い込まれているなら、すぐに逃げてください。
転職エージェントに話を聞いてもらってから行動しても良いでしょう。
今回は、以上です。