40歳までにサラリーマンから解放されるための情報サイトです。転職を中心にお金から自由になる方法をまとめています。

転職のタイミングが悪いのはいつ?【最適な時期と成功のコツも解説】

転職したいけどタイミングがわからない。失敗しないタイミングが知りたい。
転職の悪いタイミングは避けたい。何を基準に考えればいい?
転職成功する、適切なタイミングを教えて!

このような悩みを解決します。

転職しようと思っても、どのタイミングで転職すればいいのか迷いますよね。

転職するタイミングが悪いと同僚にも迷惑がかかるし、転職活動にも影響しそうで不安でしょう。

そこで今回は、転職すべきでないタイミングと、転職成功につながる適切な転職タイミングをあわせてご紹介します。

最後まで読めば、転職のタイミングに関する悩みがなくなり、安心して転職活動に専念できるでしょう。

 

ゆん
僕は転職を2回経験しました。転職を成功させるために必要だったこともお伝えしますね。

 

本記事の内容は、目次でご確認ください。

それではいきましょう!

スポンサーリンク

転職するタイミングが悪いのはいつ?

ここでは、転職するタイミングが悪いときをご紹介します。

以下3つのケースでは、転職は避けるべきでしょう。

  1. 景気が悪化しているとき
  2. 入社・転職して1年以内のとき
  3. 会社の繁忙期

それぞれ詳しく見ていきます。

1.景気が悪化しているとき

景気が悪化している時期は、転職するタイミングとしてかなり悪いです。

なぜなら、企業そのものがダメージを受けて求人を出せる余裕がなくなるから。

景気の悪化は、有効求人倍率をみればわかります。

以下の表は、2008年9月にあったリーマンショック時の有効求人倍率の変化を表したものです。

 

Lehman shock effective job openings-to-applicants ratio

出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構

 

  • 2009年 0.47
  • 2010年 0.52
  • 2011年 0.65
  • 2012年 0.80
  • 2013年 0.93

リーマンショックの影響で、有効求人倍率が大幅に低下して「就職氷河期」とよばれる時代が来ました。

有効求人倍率が低下している「不景気」なときは、どんなに優秀な人であっても採用される可能性が低いです。

 

ゆん
景気が後退しているタイミングでの転職活動は避けるのが賢明でしょう。

 

2.入社・転職して1年以内のとき

入社・転職して1年以内のときは、転職するタイミングが悪いといえます。

なぜなら、会社にとってはこれから育てていこうという段階だからです。

コストをかけて採用しているわけなので、会社からすると損害そのものですね。

また、退職者にとっても早期退職という経歴が残ります。

今後転職するたびに「なぜ1年以内で辞めたのか」と、聞かれる羽目になるでしょう。

少なくとも1年は働いた方がいい理由については、転職に失敗してもとりあえず1年は働くべき理由【すぐ辞めるデメリット】でまとめています。

 

ゆん
キャリアを考えるなら、1年は働くことをおすすめします。

 

3.会社の繁忙期

会社の繁忙期に退職することも、タイミングが悪いので避けるべきです。

理由はいうまでもなく、あなたが抜けた穴を他の社員がカバーすることになるから。

中には、上司に罵声を浴びせられた人もいるようです。

 

 

会社が大変な時に退職すると、退職手続きが遅くなるというデメリットもあります。

いち早く退職したいケースを除き、できるだけ繁忙期の転職は避けるべきでしょう。

 

ゆん
早く退職したい方は、皆が納得する退職理由3選!【円満退職のコツは伝え方と根回し】をご覧ください。素早く退職するための方法をまとめました。

 

 

スポンサーリンク

転職する適切なタイミング【一般論】

ここでは、転職する適切なタイミングをご紹介します。

以下3つのタイミングなら、スムーズに退職できるでしょう。

  1. 異動や転勤の辞令が下りるとき
  2. 早期退職者が募集されたとき
  3. 仕事をいち早くやめたい事情があるとき

それぞれ詳しく見ていきます。

1.異動や転勤の辞令が下りるとき

異動や転勤のタイミングは、スムーズに退職できる良い機会です。

なぜなら、引継ぎやあいさつ回りといった面倒ごとをしなくて済むから。

辞令が下りる前のキャリア面談で上司に話せば、スムーズに進むはずです。

引き止められるケースもあるでしょうが、残ることはおすすめしません。

理由は、退職を引き止められたら出世のチャンス?!後悔しないためにすべきことで解説しています。

2.早期退職者が募集されたとき

早期退職者の募集は、退職のタイミングとして文句がありません。

なぜなら、早期退職のメリットが大きいから。

恩恵を受けつつ、転職活動に移れるので、転職を決断した人にとって早期退職は最高のタイミングでしょう。

  • 自己都合ではなく会社都合で退職できる
  • 再就職支援が受けられるケースがある
  • 割増退職金がもらえるケースがある

早期退職のメリットは上記3つです。

会社都合で退職できるので、転職するうえで有利に働くケースがあります。

また、就職支援や割増退職金がもらえるのもメリットです。

早期退職のデメリットも確認しましょう。

  • 収入が増えるとは限らない
  • 転職先が決まらないケースがある
  • 年金の支給額が下がる可能性がある

転職して収入が増えるとは限りませんし、すぐに転職先が見つかるかも不明です。

また、年金が下がる可能性があります。

 

ゆん
早期退職のデメリットは、転職のデメリットと同じです。そこまで気にする必要はありません。

 

3.仕事をいち早くやめたい事情があるとき

転職する適切なタイミングの3つ目は、仕事をいち早く辞めたい事情があるときです。

例えば、パワハラなどの被害にあっている方で、心身に異常が出ている方は要注意ですよ。

景気が悪かろうが、入社直後だろうが、繁忙期だろうが関係なく退職すべきです。

なぜなら、あなたの体を守ることが何より大事だから。

心身さえ健康なら、いくらでもやり直せます。

本当に辛い方は、【実体験】仕事のストレスが限界な時の対処法と予防策【ヤバいサイン】をご覧ください。

まずは自分の状態を把握する必要があります。

ゆん
僕はパワハラを受けて不安障害になりました。退職して死なずに済んだので、本当に良かったと思っています。

 

本当に仕事で辛い思いをしている方は、すぐに転職してくださいね。

無理しないでください。

>>>仕事を辞めるのは逃げじゃない!会社を辞めた僕が幸せになれた理由

最適な転職のタイミングは「あなたが決断したとき」

前の章では、一般的な転職する適切なタイミングを3つ紹介しました。

ここでは、最適な転職のタイミングをお伝えします。

ずばり、最適な転職のタイミングとは、「あなたが転職を決断したとき」です。

なぜなら、人間は決断したタイミング以外では本気で行動しないから。

迷いがある状態で転職活動してもうまくいくはずないですし、現職にも支障が出て最悪ですよ。

決断して本気で行動するなら、リーマンショックだろうとコロナショックだろうと転職活動がうまくいくはずです(さすがに厳しいかな・・・)。

 

ゆん
「やる気があるけど不景気>やる気がないけど好景気」なら、前者を選びますね。やりがいを感じるので。

 

今日から転職活動を始めることで、「自分が望む自分やほしい未来を手に入れることができるか」を基準に考えてください。

答えが「YES」なら、すでに心は決まっているはず。

後悔しない選択をしましょう!

転職の成功率を上げるためにすべきこと

ここでは、転職の成功率を上げるためにすべきことを3つご紹介します。

 

ゆん
僕は転職経験が2回あります。当時の経験を踏まえてお話ししますね。

 

  1. 退職せずに転職活動を行うこと
  2. 本当に行きたい企業だけ応募すること
  3. 転職エージェントを信じすぎないこと

それぞれ詳しく解説します。

1.退職せずに転職活動を行うこと

転職の成功率を上げるためにすべきことの1つ目は、退職せずに転職活動を行うことです。

退職してからの方が動きやすいのでは?という意見もありますが、おすすめしません。

なぜなら、在職しながら転職活動するメリットの方が大きいから。

退職してから転職活動しようと持っていた方は、仕事しながら転職活動が辛いときの対処法3選!【働きながら転職するコツ】をご覧ください。

きっと、在職しながら始めようと思えるはずです。

2.本当に行きたい企業だけ応募すること

転職の成功率を上げるためにすべきことの2つ目は、本当に行きたい企業だけ応募することです。

なぜなら、応募数が多ければ多いほど、1社に使える分析や対策の時間が削られるから。

片っ端から応募する方がいますが、100社受けても全落ちするでしょう。

本当に行きたい企業だけに絞れば、面接対策や企業研究がはかどり、採用される確率をグッと高めることができます。

 

ゆん
たくさん応募すると、交通費・宿泊費が無駄にかかります。仕事も休みがちになって疑われるかもしれません。

 

働きたいと思えない企業に採用されたとしても、「何か違う」と感じてすぐ退職する人も多いです。

自分が働いている姿を想像して、ここがいい!と思える企業だけに応募しましょう。

ホワイト企業に転職したい方は、実際に転職して分かったホワイト企業の正しい見分け方【転職成功のコツ】を参考にしてください。

3.転職エージェントを信じすぎないこと

転職の成功率を上げるためにすべきことの3つ目は、転職エージェントを信じすぎないことです。

なぜなら、あなたのためではなく、営業成績のために転職させようとする転職エージェントがいるから。

 

 

あなたの希望を聞いているはずなのに無視して、勝手に話を進める転職エージェントもいます。

少しでも「あれ?希望が無視されてる・・・」と感じたら、注意が必要です。

信用してはいけない転職エージェントの特徴は、【不要】マジうざい!ムカつく転職エージェントは切り捨てるべき理由でまとめています。

 

ゆん
仕事中に電話してくるアホなエージェントもいます。転職活動が会社にバレたら不都合な人が多いと思うんですけどね・・・

 

 

 

とはいうものの、転職成功率を上げるためには転職エージェントの利用が必須です。

登録がまだの方は、今登録してしまいましょう。

本当に役立った転職エージェント

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。

 

ゆん
転職エージェントを複数活用すれば、相性が良いサービスで効率よく転職できます。

 

 

料金は完全無料です。何社に登録・利用しようが、料金はかかりません。

 

上記4社に登録済みの方は、以下の記事をご覧ください。

 

転職成功率を高める便利サービスや、年代別に特化した転職エージェントを紹介しています。

 

まとめ:最悪な転職のタイミングは「迷いがあるとき」

転職のタイミングは難しいですが、自分が転職を決断したならどんなときでも転職すべきだと思います。

反対に、転職するタイミングが悪い、転職すべきでないのは「迷いがあるとき」です。

迷いがあっては転職活動に身が入らず、失敗に終わる可能性が高いので、頭できちんと整理して決断してから行動に移しましょう。

 

ゆん
転職すべきなのか不安で悩んでいる方は、本当に転職していいのか悩んでいる人が知るべき3つの事実の記事もご覧ください。

 

 

最後に、もう一度まとめます。

転職するタイミングが悪いときは、以下の3つです。

  1. 景気が悪化しているとき
  2. 入社・転職して1年以内のとき
  3. 会社の繁忙期

上記のケースでは、転職を避けるべきでしょう。

転職すべき適切なタイミングは、

  1. 異動や転勤の辞令が下りるとき
  2. 早期退職者が募集されたとき
  3. 仕事をいち早くやめたい事情があるとき

上記の3つでしたね。

転職経験者としてアドバイスするなら、「転職しよう!」と心に決めたならすぐに行動すべきということです。

なぜなら、すぐに行動しないと結局やらずに終わってしまうから。

行動しないと、現実は何も変わりません。

自分の未来のために、決断したら即行動することをおすすめします。

転職の成功率を上げるために、転職エージェントの利用も忘れないでくださいね。

本当に役立った転職エージェント

doda

  • 利用者満足度で最高評価(業界第1位)を獲得。
  • 求人数は13万件以上であり、業界第2位の規模。
  • 20代、30代向けの求人が量・質ともに定評あり。
  • エージェントの質が平均的に高く、初心者でも安心。

リクルートエージェント

  • 転職成功実績が第1位。
  • 求人数が圧倒的業界NO.1(35万件以上)。
  • 非公開求人は業界最多の18.4万件以上。
  • オンラインでの対応もOK。

パソナキャリア

  • 業界第3位の求人数。
  • サポートの手厚さが全サービスで最高評価。
  • 女性向け案件が多く、対応の良さが評判。
  • 東京/神奈川/千葉/埼玉/大阪/名古屋の求人が豊富。

JAC Recruitment

  • 30代以上のハイクラス求人に特化。
  • ハイキャリア・高収入の転職で実績No.1。
  • 担当者が優秀で、提案力が極めて高い。
  • 外資系・日系のハイクラス向け求人の量・質に定評あり。

 

ゆん
転職エージェントを複数活用すれば、相性が良いサービスで効率よく転職できます。

 

 

料金は完全無料です。何社に登録・利用しようが、料金はかかりません。

 

上記4社に登録済みの方は、以下の記事をご覧ください。

 

転職成功率を高める便利サービスや、年代別に特化した転職エージェントを紹介しています。

 

スポンサーリンク